ま、適当に

思いつきで書くよ

4.生殺与奪

(1)人の生死を決めるのは
・がんで死ぬかどうかは、がん細胞の「転移の起こりやすさ」に左右されます。
  ◆転移しやすいがん=致死性のがん
  ◆転移しにくいがん=放っておいてもなかなか死には至らないがん
・人の見た目や能力に個体差があるように、がんの転移を起こす能力にも個体差があります。
 (Aさんの胃がんとBさんの胃がんでは全然違います。)
・ではなぜ転移の起こりやすさで人の死が左右されるのでしょう。ここでもう一度自問してみてください。
 (転移で人が死ぬそのメカニズムについての説明は、まだもう少しだけ引っ張ります。)

(2)世間の誤解(その2):転移の起こりやすさ、がんの個性
・「転移の起こりやすさ」も、がん対処への重要ポイントの一つです。
・また、「がんに個体差がある」ことも抑えておくべきポイントです。
・世の中にはこの事実を無視したご意見が多々見聞されますのでご注意ください。

(3)大抵の人はがんを持っている
・ちょっと脱線しますが、がんというのはほくろやイボなどと同様、大抵の人が持っています。
・その証拠に、死亡した年配者を解剖すると、相当の割合で身体のどこかにがんが目視で見つかったりします。
・そのほとんどが転移しにくいがんです。多くの人はその存在に気付きもせず、寿命を迎えるわけです。
・言い換えると、こういう転移しにくいがんは何の害もないので、治療など不要ということが言えます。
・それを無理に見つけ出して強引に治療するなど、それにかかる時間・費用・身体的ダメージの丸損になるだけ。
・でもそれをやっちゃってるのが今の日本の医療・・・・ってことなんですけど、この辺も追々クリアにしていっちゃおうかな~、と思ってます。

スポンサーサイト
  1. 2016/02/09(火) 22:15:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5.がんの転移 | ホーム | 3.がんの診断>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/561-2032a717
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる