ま、適当に

思いつきで書くよ

24.検診と被曝

(1)胃がん検診の被ばく量
・胃がん検診1回の被ばく量は20~30ミリシーベルトあります。
・これは胸部エックス線検査の被ばく量の100倍に該当します。

(2)胃がん検診によるがん発生率
・100ミリシーベルトの被曝によるがん発生率はおよそ0.5%くらいです。(科学的に証明された数値)
・被曝放射線量とがん発生率とは比例関係にあります。(これも科学的に証明されている)
・これらを組み合わせ、例えば100人に10年間毎年胃がん検診を続けたと仮定すると、
  ◆10年間のどこかで1人にがんが見つかります。(1回の検査のがん発見率は1000人に一人)
  ◆1.25人が検診のせいでがんになります。(100人全員が250ミリシーベルトの被ばく)
  ◆検診の被爆で発生するがんが発見されるのはその10年後になるので、誰もここに言及できないってだけです。
・検診を続ければ続けるほど、がん発見率が年々上がり続けるというこのおバカサイクル。
  ◆10年で患者を倍に増やすという「医療産業の繁栄」を永遠に約束する打ち出の小づち。
  ◆儲かっちゃって儲かっちゃって、医療関係者は笑いが止まりません。よかった、よかった。
・ってこれ、バカすぎませんかね?

(3)それでもがん検診を受けますか?
・放射線を使うがん検診などこんなもんです。
・医療に名を借りた人体への放射線照射超乱用国家日本だけがん死亡率が増加しているという現実。
・これはやはり医療被曝がその要因となっているのではないかと考えて然るべきなのではないでしょうか。
・3%以上ものがん罹患リスクを国民に強いながら、がん死亡率までをもわざわざ増やしている日本のがん医療。
・やっぱバカですね。

スポンサーサイト
  1. 2016/02/29(月) 23:13:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<25.もしも | ホーム | 23.医療被曝>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/581-a8378a23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる