ま、適当に

思いつきで書くよ

26.要するにがん治療って-1

(1)積極的にやるような技術レベルにない
・現在医療施設で受けられるがんの治療というものは、手術にせよ放射線治療にせよ、はたまたレーザー治療にせよカテーテル治療にせよ、あるいは抗がん剤治療にせよ内視鏡治療にせよ、いずれもそのままでは死んでしまう患者の命を救うための治療ではありません。
・それどころか、日本で主流となっている”手術”や”抗がん剤治療”など、治療対象となる原発性のがんがよほどの悪さでもしていない限り、身体への無用のダメージというリスクばかりが先行する愚かな行為と言えるように思います。
・言い換えると、医学という名の科学技術が真にがんと闘えるレベルにまで進化するにはまだまだ長い時間が必要だってことです。

(2)ではどうする?
・竹ヤリで戦車と戦っても勝てっこないってことを、まずは自覚すべきです。(例えが古いんだっての!)
・でもって、何らかの症状が出てそれが許容できないレベルになってきたら、その症状を緩和もしくは取り除く治療のみを行う。
・ザックリ言うなら、それが現行医療技術下におけるベストの対処法かと思います。


スポンサーサイト
  1. 2016/03/04(金) 18:55:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<27.要するにがん治療って-2 | ホーム | 25.もしも>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/583-b27ce627
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる