ま、適当に

思いつきで書くよ

SILKYPIX

デジカメで写真を撮るとき、私は保存画像の設定を”RAW”(RAWのみで、JPEGの同時記録はしない)にしています。そしてそれを自宅でJPEGに現像しています。

以前はJPEGで撮ってました。昔はRAWだの現像だのってものの本質を理解できずにいたため、その存在は知りつつも「そこまでやる必要はないだろ」などと考えていたためです。当時使っていた(てか、今でも使っている)フォトショップ7では、RAWで撮っても思ったような調整をかけられなかったということもあります。というわけで、我が家に残っているキスデジ画像はほとんど全てがJPEG撮りっきりの画像です。それが、5D購入を機にガラリと変わりました。購入してすぐに親戚の結婚式を撮影することになったため、「ここは一発、RAWとやらで撮ってみようか」と思い立ったからです。そのとき、RAW現像ソフトとして白羽の矢が立ったのがSILKYPIXです。

キャノンの無料RAW現像ソフトDPPも試してみました。が、イマイチだったんです。そこで、巷で定評のあったSILKYPIXを試してみたところ、ビックリするくらい画像を自在に操ることができましたので、「こりゃええわ」とばかりに早速購入した次第です。以降、JPEGで撮影することはなくなりました。とにかくRAW。全部RAW。写真という写真を全てRAWで撮り散らかしては自宅でSILKYPIXを用いて現像する。それがスタンダードとなったのです。それ以来、少しずつではありますが、これまでやってきたことに対する後悔の念に苛まれたものです。

「RAW設定があるのにJPEGで撮るなんて、せっかく画像をよりよくするチャンスを自ら断ってしまう阿呆のやることだった。なぜこれまでRAWで撮ってこなかったのか。なんておバカだったんだろう。あ~、無知って怖い。」

でもまあ、こんな済んでしまったことに悩んでもしょうがないので、とっとと諦めた次第です。

RAWで撮り始めてからというもの、フォトショップの出番が激減しました。フォトショによるリタッチとは異なり、RAW現像は画質の劣化なくどうにでもなりますので、フォトショを使う機会が文字入れや画像の合成くらいに限定されてきたことは、以前に触れたとおりです。

当時導入したSILKYPIXのバージョンは2.0でした。が、買って1年もしないうちにこれが3.0へと進化。早速アップグレードに対応しました。2.0から3.0へのアップグレードの価格は2.0導入時期に寄らず一律の扱いで、購入してまだ1年たっていない私は「もうちょっと何がしかの優待をしてもらっても罰は当たらないだろう」と多少の不満を感じたものですが、アップグレードそのものに迷いはありませんでした。その理由は、3.0でJPEG画像が扱えるようになったからです。

SILKYPIXで私が最も重宝している機能は、ホワイトバランスの設定をスライダーを左右に動かすだけであっさりとできるというところです。前にも述べたとおり、私は色温度の低い画像を好みますので、この作業が簡単にできるところは何者にも換え難いメリットとなります。それが次の3.0ではRAW画像ばかりかJPEG画像でもできる。これは、私にとっては青天の霹靂的ビッグインパクトだったのです。

もちろん他にも理由はあります。私のデジカメ暦の中で、キスデジ購入前はコンデジを使っていたわけなんですが、当時の主力機であったFuji FinePIX4700Z、Nikon COOLPIX4500で撮影した画像は、ともにことごとく色がかぶっておりました。前者はマゼンダかぶり、後者はグリーンかぶりで(逆だったかも?)、そのかぶりっぷりも均等ではなく、暗部において著しくかぶっているというおまけつき。これらを何とかしたいと常々思っていたのですが、SILKYPIX3.0でこれが全て解決する!そう直感したためです。

結局、これらコンデジで撮影してきた1万枚を超える色かぶり画像が、SILKYPIX3.0によってあっさりと蘇りました。その効果たるや”驚愕”の一言。これはもうデジカメ撮影をしている全世界の人々にお勧めしたいほどです。(大げさだってば。)ただ一点、JPEG画像を取り扱うとテキメンにPCの速度が落ちてイラつきますが(私のPCはメモリを1GBしか積んでおりません)、ま、それくらいはなんとか我慢してます。近々に新しいPCを購入する予定なので、この処理速度の問題はいずれ解決しますんで。

現在、様々なRAW現像ソフトが出てきています。中でもアドビのLightroomっていうソフトがいいらしいですね。でも私は今後よほどのことがない限りSILKYPIXで行くつもりです。もう操作に慣れきっちゃったし、このソフトの癖もそれなりに覚えちゃいましたんで、例えSILKYPIXよりLightroomの方が優れていたとしても(真相は分かりませんが)、乗り換えるメリットよりも全てが白紙に戻るデメリットの方が大きいと思いますから。

てなわけで、デジイチ撮影をするならRAWです。ピクチャースタイルだか何だか知りませんが、せっかくデジイチを持っているのにJPEGなんかで撮っているようでは宝の持ち腐れというものです。RAW現像ソフトは別にSILKYPIX以外のもの(例えば無料のDPP)でもなんら問題はありませんので、デジイチを所有されている方は、とにもかくにも保存設定をJPEGからRAWへと切り替えられることをお勧めいたします。

スポンサーサイト
  1. 2008/02/29(金) 23:44:32|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<3月8日はJリーグ開幕 | ホーム | 3-5.給油のタイミング>>

コメント

Silkypix

DP-1の話で辿り着き、シグマのレンズの話で首をネンザしそうになるぐらいうなずいて(私もシグマレンズで似たような状況に陥ってます)、Silkypixの話で「だよな~」って声出してしまいました。

現像ソフトは山ほどありますが、Silkypixが一番手に馴染むというか、直感的な操作が出来ると思っています。痒いところに手が届く、っていうか(笑)。

Lightroomは主にモノクロ現像に使っていますが、使いやすさではSilkypixの圧勝ではないでしょうか? (最近は、フィルムシミュレーションのプラグインの関係でPhotoshopエレメンツに浮気してますが・・笑)
  1. 2008/03/06(木) 13:51:04 |
  2. URL |
  3. xero #xJy3ruYo
  4. [ 編集]

こんにちは。

調整出しを頼んだ友人のシグマ24mm単もへにゃらけフォーカスだったんですけど、17-35mmと一緒にこれも調整に出して、彼の単の方だけバッチリ直ってきたんですよ。
「ヤツのだけちゃんと直しやがって!」
これもシグマにムカツク一因です。(笑)

すごいッスね、二線ボケブログ。
数日かかりそうですが読破目指します。
  1. 2008/03/06(木) 21:38:47 |
  2. URL |
  3. ゆたこた #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/64-14df83a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる