ま、適当に

思いつきで書くよ

昔の経験だよ

そうそう、その通りだ。競馬場はともかく、競輪場や競艇場の中に入ったのはかれこれ20~30年前の話だ。最近は全く入っていないけど、唯一、平塚競輪なら数年前に入場のあの行列に並んだこと・・・つーか、並んでる人に会いに行ったことがある。そのときの客層の雰囲気は以前と何も変わっていない感じで、周りには廃人がいっぱいいた。実際には昔と比べて変わった部分と変わってない部分がそれぞれあると思う。現状にほとんど触れたことのないおいら的にはどれがどれといった特定はできないけどね。

中央競馬はおいらが通ってた時代にももう既に改善されつつあった。当時通ってたのは東京と中山だが(東京がメイン)、オグリキャップが激走していたあたりの両競馬場の雰囲気は、日曜日ならもう初めての人でもあまり違和感を感じないで済むくらいまでになっていたように思う。今ではおそらく、あれより更に雰囲気は良くなっているだろうから、ほとんど問題ないレベルになったものと想像する。京都や阪神もきっと同様だろう。

ただ、本当にその雰囲気が全く気にならないか、客層が例えば野球やサッカーの観客と同等レベルか、などと言われればそんなことは全然なくて、やはりたそがれたジジイはそれなりの人数いる。完全無欠のド廃人みたいな極端な人はいなくなったというだけで、依存症の人だって一定の割合で存在するだろう。そこは別に競馬場にまでは行かなくとも、土日に場外の前を通ればすぐに分かる。人によっては近寄りたくないと思うに違いない部分は確実に残っているからね。

地方競馬に目を転じてみると、大井なら20数年前でもぶっちゃけ中央競馬より一段落ちる程度で、多くの人の許容レベルギリギリくらいにはなんとかあったと思う。今では間違いなく更によくなっていることだろう。立地だって東京23区内、つーか、おいらがその昔住んでいた品川区内にあるし、天王洲アイルの開発や平日のナイター開催などもその改善を後押ししたに違いない。だが、こんなのはあくまでも東京23区内にある大井に限った話で、本当の地方はもっとずっと落ちる。

昔の話ではあるが、オグリキャップのふるさとである笠松や、おいらのふるさとである高知などは、そりゃあもう酷かった。笠松競馬場は全体があまりに汚くて、極端に言うならその辺の手すりに触ることすらはばかられる感じ、とでも言えばお分かりいただけるだろうか。それなのに、愚かにも結構小奇麗な格好で入場してしまったおいら。小雨降りしきる中、おいらったら場内でただ一人完全に浮き上がっていたのだが、おいら以外の入場者たちは場内のあちこちにある馬糞にまみれた水たまりの泥土と見事なばかりに溶け込んでおり、完全に景色の一部と化していたんだから何をか況やである。

高知の方は建物だけはやけに新しかったんだけど、その分、まばらにしかいなかった入場者のド汚さばかりが目立っていた。ホント、そこにいるジジイどもは見てくれだけはことごとく新宿の地下鉄の出入り口付近でダンボールに囲まれて寝ているみたいな人達と何ら変わりないんだもん。「エラいところに来ちまったな」というのが率直な第一印象であった。あそこまで酷いとその後改善したところでたかが知れているとしか思えないのだが、現状はどうなっているのだろうか。地方経済だって沈みきったままだしね。一昔前のハルウララの登場でよくなっていることを期待したいところだが・・・。

高知競輪場は更に酷かった。高知の祖父母宅から徒歩10分弱のところにあるのだが、入場したらすぐに豪友会のチンピラ麻薬売人が足音も立てずにすり寄ってきて、「おんしゃあ、クスリいらんかえ?」って小声で話しかけてくる。誰が作ったかは知らないが、そんな高知ならではのド田舎伝説がやけに生々しいリアリティを持って心に響いてしまうほどの底辺っぷりだった。高知という一地方に限らず、競輪場ってのは総じてヤサグレ感が半端なく、競馬場より一段も二段も下を行くとされていたし、どこに行っても実際にその通りだった。

競艇も酷い。おいらが唯一行ったことのある平和島競艇場などはギリギリ23区内にあることもあって、魔界転生魑魅魍魎の限りを尽くした感のあるあの裏社会の伏魔殿高知競輪(大げさ?)などと比べりゃ赤子同然のかわいさであったが、それでも中央競馬などとは比べ物にもならず、大森海岸からゾロゾロと競艇場へと向かうその客層を見ただけで、普通の女子高生・女子大生ならその行列に近づくことすら拒絶すること間違いなしっていうくらいの、それはもう見事なまでのド腐れっぷりだった。今では競艇自体があの "Change yoursel! Dynamite Boat Race!" のCMによって相当見直されていると期待したいところだが、今の現場がどうなっているのかおいらは知らないし、行く気も起らないからどうでもいい。

とにかく、以前と比べてどの程度改善されてるのかは知らないが、競馬場、競輪場、競艇場といった公営ギャンブル場には相当数のギャンブル依存症患者が存在する。働けるのに働きもしない一部の生活保護不正受給者が開店前に行列を作っているパチンコだって同じである。廃人と化したかのような人々が確実にそこにいるのだ。

そこに目を向けることもせず、カジノを作るかどうかなどといった緊急性・重要性とも取るに足らない案件で屁理屈遊びをしている場合ではない。そんなインフルエンザワクチンにも似た、効果があるんだかどうだかもよく分からないレベルの予防医薬品の許認可についてつべこべ議論している暇があるのなら、今まさにバタバタと死人を出しているインフルエンザをどう治療して実効をあげるか、今目の前でもがき苦しんでいるインフルエンザ患者をどう救うかについて、具体的に突っ込んだ議論をするのが先であろう。

今も休むことなくギャンブル依存症を生み続けている公営ギャンブルやパチンコに手を入れないで、カジノがどうのこうのなどといった言葉遊びに終始して悦に入っている蓮舫や志位のドヤ顔など、想像しただけで吐き気がする。何度でも言うが、おいらったらバカは死ぬほど嫌いなのだ。頼むからおいらの視界から消え去ってほしい。それが日本国民のためでもあろう。

おい、おバカどもよ。お前らはこの天才による上の主張に何か反論ができるかね?どんなバカが口にするどんなにバカなことでも一回だけはちゃんと聞いてやることにしているから、出来るもんならやってみなさい。ま、軽く一刀両断してやるけどさ。そして、できればバカを自覚しなさい。そうすりゃまだ救いがある。そして真摯に反省してバカな行動は慎むのだ。バカだから無理かもしれないけどさ。

んじゃ。

(メレ)

スポンサーサイト
  1. 2016/12/07(水) 23:25:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ポリゴン | ホーム | カジノ法案>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/670-75fa5026
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる