ま、適当に

思いつきで書くよ

4Kモニター

フィリップス製の42.5インチ4Kモニターを発注してしまいました。

現在おいらのデスクトップPCに接続しているモニターは2台ありまして、EIZOの27インチWUXGA (1,920x1,200)と、同じくEIZOの23インチフルHD(1,920x1,080)という構成です。

前者はおいらがメインのモニターとして使用している定価が20万円近くしていた超高級品で、今からちょうど8年前の2009年春に購入致しました。こいつは2008年発売ですから9年も前の製品ってことになりますが、そのナチュラルな諧調や色の表現などは、その辺に転がっているへなちょこモニターと比べて未だに一線を画す能力を持っています。

後者は4年くらい前に同じ会社の人からもらってきたもので、サブモニターとして使用しています。これが発売されたのは5年くらい前だと思いますが、我が家にある2台の24インチフルHDモニター(iiyama、BenQ)の上をいく能力を持っており、見るからに華やかな絵を吐き出してくれます。ただまあ、上記のメインモニターと並べて比べてしまうと彩度とコントラストがどぎついだけの廉価モニターであることがバレてしまうレベルではあるんですけどね。

こんなダブルモニター体制を続けていたおいらなのですが、最初は大いに満足していたこのシステムも、長年にわたるPhotoshopやSILKYPIXでの作業や画像観賞、あるいは最近のdマガジンの閲覧などといった解像度を必要とする使用経験を通じて、「WUXGAでもまだ小さいよな」との思いが高じつつありました。そこにもってきて、8年もの間酷使し続けてきたのだから無理もないんですけど、最近稀に画面がちらつく現象が出るようになり、いよいよ買い替えかとの思いが心の中で頭をもたげてきたわけです。

で、この前たまたまなんですけど、駅ビルの電気店にてフィリップスの4Kモニター群(いろいろなサイズがありました)を見かけて驚いたッス。思ったよりずっときれいで、とっても安いんだもん。世の中がこれほど進んでいたということを知らなかっただけなんですが、その無知さ加減が今回の4Kモニター購入の直接のトリガーとなった、という妙な物語となってるッス。

具体的に言いますとね、PCでの作業として画像処理を頻発するおいら的には、廉価PCの相方として大量に売られているあの2万円しない21~24インチ廉価フルHDモニターの階調表現、色表現ごときにこの天才のメインモニターを任せらるはずもないでしょ?だから、解像度4倍の4Kモニターへの買い替えともなると大きさ的には同じ27インチくらいで我慢したところで、どうしたって10万円を大きく超える投資が必要になるはずと勝手に思い込み、買い替えは今は無理、将来の話だと決めつけていたのです。

そんなところに、フィリップス製4Kモニターの現物を見ちゃったってことなんスが、いや~、ホンマこれ、衝撃的でした。

階調と色、おいらがモニター性能として重視するその表現力は、そりゃ高級モニターには全然かないませんよ。そんなことは当たり前です。ただ、ドットのにじみとでも申しましょうか、あの大量に売られている廉価モニターに共通する強烈な弱点である彩度誇張のベトつき感、言い換えるとあのおいらが嫌悪する階調の崩壊感、これがない。これならモニター上の画像を見て最終アウトプットのクオリティを正しく予想することが脳内変換で可能なのではないか?そう思ったッス。・・・で、早速現実的な検討に入りました。

おいらの机ってさほど大きくもなく、モニター1台を真正面に置いてギリギリ鑑賞に堪えられるサイズは最大でも40数インチくらいまででして、50インチまで行くとちょいと無理ッス。よって、サイズは45インチを上限としました。

で、ザックリとした4Kモニターの販売状況を価格comでみてみたんですが、ちょうど先日電気店で見かけたフィリップス製モニターの中の一台、6万円台後半の値付けだった42.5インチのやつが、ネット最安値だと5万円台半ばで売られているという事実を知りました。対大きさという意味で、他と比べてコスパは抜群。性能は実物見てるんで許容ギリギリOKなわけですから、購入機種はこいつにしよう。あっさりとそう決めてしまいました。あとは、残った既存の機材をどう使うか、です。

おいらはもうモニター2台体制でないと耐えられない身体になっていますので、今メインで使っているEIZOのWUXGAをサブモニターとして転用します。こいつをメインモニター上の作業とは関係のない動画を流したりDAZNの観賞用、あるいは音楽のプレーヤーコントロール用として使うってわけです。稀に画面自体が多少ちらつくことがありますけど、サブモニターを長時間真剣に観ることなどほとんどありませんので別に構わない。更に、撮った画像などを新4Kモニターと交互に表示させれば、モニター上の画質差も一対一的に理解できて、最終アウトプットの脳内変換もより容易になることでしょう。

現在のサブモニターであるEIZOフルHD23インチモニターは3台めのモニターとして使用します。ただ、その用途はPhotoshopやSILKYPIXの操作パネル置き場などに限定し、各ソフトの操作履歴がなるべく長く追えるように縦置きとします。そんなこと以外にモニターが3台必要となることなどまずないと思いますので、普段未使用の際には電源をオフっておくという日陰の存在になりますな。

3年前に購入したPCはそのままです。こいつにはギリギリ4K出力に耐えるグラボが既に搭載されておりますし、CPUも4コアのCore i7なので、速度対策がなされているはずもないフィリップス製4Kモニターの方でサッカーを鑑賞するみたいな無茶なこと(?)さえしなければ十分実用に耐えるんじゃないかと思っています。ただまあ、実際に接続してみたら4Kにならなかったなんてこともあり得ると思っていますので、そのときは諦めて新しいグラボを買いまする。

さて、これを実現するのに一番の障壁となっていたのは、毎度毎度のことですが我が家が貧乏だってことに尽きまする。問答無用といった体(てい)で、アホガキどもに湯水のごとき勢いでなけなしのお金を吸い取られていくこの現状。おいらったらこの状況を打破する術(すべ)を何一つ持ち合わせてはおりませんからね。(大威張り!)

ただ、5D3を購入して以来ここ3年もの間、おいらったらスマホとベッド以外、自分のために単価が1万円を超えるような買い物を何一つしたことがないという超絶的禁欲生活を送ってきましたので、今ここで総額5万数千円程度のモニターを1台買っても罰(ばち)は当たらないだろうと思い、買っちゃいました。まだ発注しただけで物は届いておりませんが、貧乏の神様、許してくれますよね?

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/26(水) 22:49:42|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<健康診断 | ホーム | 見る目がないのでは?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/701-fae36e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる