ま、適当に

思いつきで書くよ

3-6-2.その他オイルの交換

ATオイルの交換、そのお勧め交換頻度も情報ソースによって20,000~60,000kmと幅がありますが、私は20,000kmで行うと決めています。その理由は、エコ運転を実施する上でシフトアップ・シフトダウンを激しく繰り返すため、ミッション系は普通の方の車よりも遥かに傷みが激しいと考えるからです。ミッション系は不調になったときに高くつきますし、傷みが進んでからあわててATオイルを交換したりすると、逆にミッション系を傷めてしまうこともあるようです。よって、ミッション系だけは常に健康に保っておいた方が実質的にも精神衛生上もよい。同様の理由から、一説には交換の必要がないとまで言われてもいるデフオイルも40,000km毎に交換するつもりです。

大型カー用品店などでは20,000kmでの交換を勧められるブレーキフルードは、逆に40,000~50,000kmくらいでいいかなと考えています。なぜなら、エコ運転ではフットブレーキをあまり使わないからです。そういう意味なら60,000kmでも70,000kmでもいいのですが、フルード自体の経年劣化もあるだろうから、ある意味根拠のないきわめていい加減な決め方ですが40,000~50,000kmという幅をもって交換期間を捉えています。

あと、ガソリン供給系のカーボンを落とすサービス(1万円程度)を納車後3年、以降2年ごと(車検と同じタイミング)に受ける予定をしています。エンジンを回さないエコ運転はカーボンがたまりやすいと思っているからです。別にカーボンがたまったからといってエンジンが壊れたりはしませんが(←こういうテーマを取り上げると、すぐに「エンジンが壊れる・壊れない」という極端に偏った観点から「そんなものは不要だ」という暴論を振り回す人がいらっしゃいますので、念のため)、カーボンをとるとそれだけで運転のフィーリングが新車時に戻ったような絶好調感覚が得られます。カーボンがいつの間にやらたまっていたんだなあ、と実感しますし、新車時の気持ちのよさを取り戻せるので、燃費云々を抜きにしてもこいつはお勧めです。(以上、カーボン除去経験のある友人の受け売り)

オイル供給系の洗浄、いわゆる”スラッジング”は致しません。基本的にオイル交換を定期的にやっていれば不要だと考えます。但し、同じ車に10年くらい乗っていたなら、そのときはするかも・・・・というか、もともと1万円もかからないような作業なので、そのときは余り深刻には考えずにやると思います。この辺まで来るとこちらの腰も定まっておりませんので、もしかするとカーボンを落とす機会にあわせてやっちゃうなんてこともあり得ます。

スポンサーサイト
  1. 2008/03/06(木) 21:21:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<緊急事態 | ホーム | 獣拳戦隊ゲキレンジャー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/71-231a1324
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる