ま、適当に

思いつきで書くよ

寒くて困る

気温が記録的に低い日が続いています。体感的にもとっても寒いですよね。早朝に歩きながらスマホなんかいじくってたりすると、指がちぎれて落ちちゃうんじゃないかってくらい冷たくなります。そんな事態に陥らないよう、世の中には手袋をする人が結構いますけど、おいらにはそれができません。なぜなら、手袋をしただけで身体の発熱バランスが崩れ、汗だくになったりするからです。

おいらは通勤時、下半身はスラックス、上半身は地味な柄のYシャツにノーネクタイでジャケットを着て、その上に薄手のコートを羽織っています。で、その上にカバンを背負うか斜め掛けしてるッス。体温調整はコートの前を締めるどうかで大雑把にコントロールしているんですが、カバンの肩ひもなどで衣類を押さえつけているせいで体幹はどうしても保温されがちになるので、汗っかきのおいらは普段はコートの前を絞めておりません。気温が氷点下まで落ちたらようやく前を締める。ザックリ言うならそんな感じです。この辺の判断基準は大変ビミョ~で、この前の氷点下3度にまで落ちた朝でも、コートの前を締めていたら上半身はジンワリと汗をかいておりましたから、体温を完全に調整することは極めて困難です。

こんなところに手袋なんかしちゃったらもう大変です。いつも熱が逃げているところから熱が逃げなくなるわけですから、どんなに気温が低くなろうともコートの下は間違いなく汗びっしょりになる。だからと言って氷点下でコートの前を開けたら身体の前面だけが冷えまくる。そのくせ、カバンをかけている肩の部分や背中なんかは汗をかいたりするんですから、部位別の体温格差が激しすぎて対応困難ってことになります。コートの前を開けた状態でかいた汗は氷点下の外気で容赦なく冷やされますから、必然的にカバンの肩紐のまわりやわきの下あたりが濡れた冷たい状態に陥る。要するに、風邪ひくためにコート着てるみたいになるんです。そんなこんなで、いつも色々と工夫する割には暑いんだか寒いんだか訳が分からなくなるッス。全身均等に丁度よくならないんですね。

ちょっと脱線しますが、ついでに言うと、おいらがマフラーをすることなど金輪際あり得ません。首都圏あたりならどんなに寒いといってもたかが知れてますし、首にあんなの巻いた日には数分で首回りに汗をかき始め、やがてグチョグチョの濡れタオルみたいになるだけですから。コートの襟立てとけば用は足りるってなもんです。脱線終わり。

というわけで、近頃はホント寒くて困ります。体幹は汗をかいてるのに末端は脱落間近ってくらい冷たくなっている。このアンバランスを解消するいい方法はないでしょうか。同様の現象に悩んでいるであろう肥満ジジイの皆様、是非アイデアをお寄せください。

んじゃ。

スポンサーサイト
  1. 2018/02/01(木) 22:33:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スノボ女子SS | ホーム | Sony Xperia Z (SO-02E)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/757-a5036432
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる