ま、適当に

思いつきで書くよ

成長するチーム

こたろがサッカーチームに所属して、はや2年が経過します。(奇しくも、5D撮影の歴史に重なります。)

こたろ自身はあの肉々しい身体をプルプルさせながらの鈍足腰高肉弾プレーを続けておりますので、やがて皆についていけなくなることは目に見えているんですけど、今日はまあそんなことはさておいて、こたろについてではなくチームについて書き散らかしたいと思います。

このチーム、最初に見た頃(小学校2年生~3年生になりたての頃)は皆がボールに集まる”幼稚園サッカー”に毛の生えたようなプレーしかできないチームだったんですけど、昨年4年生になって以降、組織プレーっちい対応を随所に見せ始め、試合の観戦が俄然面白くなってきました。

選手個々はそれぞれ個性的で、常に周りに視線を向けて全体を考える選手もいれば、何にも考えずにただボールに突撃するだけの選手もいます。次のプレーを考えながら動く選手もいれば、近くに来たボールに反応するだけで、相手にボールを取られたらそれでおしまいという淡白な選手もいます。相手がボールを持ったとき、「何もさせないぞ!」という闘志をもって相手選手に絡み付いていく選手もいれば、「せっかく何かをしようとしている敵選手の邪魔をしたら申し訳ない」と勘違いしているとしか思えないように、目の前の相手のプレーを傍観してしまう選手もいます。マルチなプレーヤーもいれば、後ろしかできないような子、あるいは前をやらせたら抜群の動きを見せるのに、後ろだとからきし役に立たなくなる選手もいます。CKに果敢に飛び込んでヘッドを決めようとする選手もいれば、未だにヘディングが怖くて出来ない選手もいます。味方の選手が相手とボールを競り合っているとき、積極的にボールをもらいに行く選手もいれば、ボールがこないことを願っているかのように相手選手の後ろに隠れてしまうような選手までいます。

このように、様々な個性を持った選手たちでどのようなチームを作っていくのか。
わたしゃサッカーをプレーした経験がありませんので、どんな選手をどう配してチームを作ると強くなるのか基本的にはわかっちゃいないのですが、GK-CB-ボランチ-トップ下-FWという真ん中のラインに速くてうまい選手を置けば、チームに一本芯が入って安定するような気がします。

ただ、悲しいかな、速くてうまい選手というのはどのチームも数が限られています。で、結局そういう選手は重点的に前にばかりおかれることになる。そうしないと、からきし点が取れなくなりますからね。無理もない。
それでもね、こたろサッカーチームではCBに優秀な子を一人配していたんです。DFのエキスパートとして。これでチームとして何とか形を保っていた。それがね、その子がこの前骨折しちゃったんですよ。
それで急遽、トップ下をやってる優秀な子をCBに下げたんです。そうでもしないと、DFがバラバラになっちゃいますから。すると、途端に前がうまく機能しなくなっちゃいました。たった一人の故障によって、チームの弱点がモロに出た形です。

とまあ、今ではド素人の私がこんなことを考えられるほど、チーム全体が組織的にプレーするようになってきているってことです。まだチビスケの多い4年生ですが、これから一人一人の身体が出来上がってくると、迫力も出てきてますます面白くなることでしょう。

子供の成長をこの目で確認できるっていいものです。
来年度のプレーに期待しちゃいます。

スポンサーサイト
  1. 2008/01/08(火) 22:31:47|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<燃費に向き合う姿勢 | ホーム | EOS 5Dの後継機>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/8-fcffbe53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる