ま、適当に

思いつきで書くよ

今年は弱いぞ

横浜市サッカー協会管轄下の小学生の大会は、SL(1・2年生)、LL(3・4年生)、L(5・6年生)という3つの階層に分かれて行われています。年度が替わって新たに編成されたこたろチーム(L)を見ますと、こたろの代(新5年生)は20人もいて実力もそこそこのレベルにあるんですけど、一つ上の代(新6年生)が悲惨なことになっておりまして、なんとたったの4人しかいません。他のチームは新6年生がウジャウジャとおりますので、新5年生主体のこたろチームは今年度は地域でも弱小チームに成り下がってしまうことは必至な情勢なんです。

2年前も同じ状況でした。小学校低学年って1年違うと身体の大きさも全然違いますから、3年生主体のこたろチーム(LL)は4年生主体の他チームに技術的にもフィジカル的にも全然歯が立たなかった。今年も同じことが起こるに違いない・・・・・基本的にはそう思ってるんですけど、あれからそれなりのチームプレーができるようになるなど、そこそこ成長もしておりますから、2年前の”大差で負けてばかり”ということにはならないだろうと少~しだけ期待してます。こたろにも、
「お前は体重だけは6年生を上回るものがあるんだから、とにかくお前、事ある毎にぶちかましたれ。スピードと技術ではまるっきり敵わないだろうが、フィジカルだけは負けるな。今年はもうそれだけでいい。」
そう言ってあります。

この前、地元の区の公式戦があったんですけど、こたろチームは総勢24名のL(新5・6年生)を2チームに分けてこの大会に臨みました。1チームがわずかに12名。カツカツもいいとこなんですが、そんなギリギリの状況でも2チーム作る。24名で1チームとすると、大会を通じて全然使わない選手も出てきてしまいますからね。2チームとするのも無理もない。で、6年生4人全員に5年生の上位8名を集めたAチームと、残った5年生メンバーで構成されたBチーム。実力差を意識してチームを編成し、この体制で臨んだわけです。その結果、参加全12チーム中、Aチームが9位、Bチームが11位でした。上手い選手をAチームに集めたつもりではあるんですが、そのAチームですらこの体たらく。ま、要するに、このチームのメンバーをどう入れ替えたところで、小手先ではどうにもならないってことですね。

さて、これからまた次の公式戦が始まります。今回はABそれぞれのチームが2つの大会に分かれて参加することになっています。Aチームは「横浜市大会」という強豪がガチンコで戦う大会に、一方のBチームは”控え選手にも試合を”という博愛の精神から行われる「あすなろ杯」という弱小チームの集う大会に分かれて戦うんです。

で、今回、こたろ自身はあすなろ杯に参加することになりました。この前の地元公式戦ではAチームだったんですが、今回はAB2人ずつの入れ替えがあってBチーム。ある意味チーム内での降格を食らった形(?)で本人はちょっとショックを受けてたみたいですけど、その話を聞いた瞬間、わたしゃ小躍りしました。なぜなら、(こたろには悪いんですけど)私自身はこたろのあすなろ杯出場を熱望していたからです。

区という狭い範囲で行われる大会ですら参加12チーム中9位のAチーム。実績から見るとどうしようもなく弱そうに感じられるでしょうが、ちゃんとしてれば本当はAチームってここまでは弱くないと思うんですよ。それが、詳しくは書きませんけど一部6年生選手のポジションへの疑義なんかがありまして、そのせいもあってかここまで弱くなっている。どうみても適材適所じゃないんですよ。選手起用が実力本位でもない。実力でAB両チームに分けたはずなのに、この大会は”勝ちにこだわる”という基本方針で臨んでいるはずなのに、フタを開けてみたらやみくもに6年生優先、○○選手優先みたいな。(実際、Fマリで言うなら山瀬や大島をサイドに下げて、「俺、前がやりたい」と言い張るわがままな朝青龍にFWやトップ下をやらせてあげてる、みたいなことしてます。)

一方の5年生だけのBチームにはこういうのがないんです。下手だから負ける。極めてシンプル。同じ負けるんなら、明るく健全に負けた方がなんぼかマシですからね。たとえ負けてもそれなら納得できるでしょ。「次はがんばれよ。」笑顔でそう言えますから。

おかげさまで、Aチームを取り巻く雰囲気ってなんだかとってもよろしくないんです。特に母親サポーターの反応が去年と全然違う。そりゃそうです。誰が見たって変なんだもん・・・・・と申しましても、もちろんわたしゃ、コーチのやられることに一切口出しなんかしてませんよ。それだけはこれまでも、そしてこれからも絶対にしません。前からLにいて6年生を見てきたコーチたちとLLから持ち上がってきた5年生付きのコーチたちとの微妙な力関係の中で、内情を知らない外野が何か言ってもいいことなど一つもないですから。真意が伝わらずに我が子が使われない嫉妬で言ってるなどと思われるのもイヤですしね。(と言っても、なんたってたったの12人のチームですから、我が子はそれなりに使われましたが。)ともかく、何が起ころうともひたすらチームとしての意思決定を見守るのみです。

ただ、応援は任意ですからね。私自身が応援に行くかどうかの意思決定権は私にある(当たり前やがな)。観戦に行ったところでチームが勝つっていう可能性がなきゃ面白くないでしょ?それも、実力がないってのが明確であるならともかく、エコヒイキとかポジションへの疑義なんかで負けた日にゃ、応援に行く気なんぞ起こってこないでしょ?わざわざ見に行って、サッカーの内容とは異なるところで妙なストレスなんぞためたくないですからね。(先日の大会では結構来ましたから。)

「今度の市大会の応援は行くの止めようか。」

区大会でのストレスに懲りて、おかんとそう話し合っていた矢先のこたろBチーム転身です。我が子のチーム内降格(?)だってのに、逆に私が喜んだのもこれがあったからなんです。

それだけではありません。

確かにポジションをどうこう言う以前に、AチームとBチームとの実力差って、果てしないんですよ。試合をしたらおそらくBチームは0-10くらいで負けちゃうんじゃないでしょうか。なんたってBチームの選手と来たら、目の前にボールが来てるっていうのに行こうともしない。相手選手がいい気になってボールを操るのを、観客みたいに目の前でみているだけ。たまに行ったとしても言い訳プレー(ボールに寄せて働いてるところを回りに見せているだけで、本気でボールを奪う気なんぞありゃしないプレー)ばかり。そんな選手がゴロゴロしてますから。・・・でもね、それでもね、市大会とあすなろ杯との差はそれ以上に大きいんじゃないかと思ってるんですよ。即ち、Aチームが市大会で勝つ可能性よりも、Bチームがあすなろ杯で勝つ可能性の方がまだ高いんじゃないかとね。

区の公式戦で12チーム中9位のAチームが、市大会でどこまでいけるのか・・・・・おそらく、どこにもいけないでしょう。6チーム総当りのブロック予選で、Aチームはいったい何勝出来るのか。・・・・・組み合わせがラッキーでも1勝がいいところなんじゃないかと。・・・・・でも、あすなろ杯なら分からない。たとえ区で11位のチームであっても、あすなろ杯なら上位進出の可能性がある。なぜなら、まわりもそんなチームばかりだからです。同じ穴の狢同士の大会ですからね。

今をさかのぼること2年近く前、こたろが3年生のときなんですが、彼がLL(3、4年生)Bチームの選手としてあすなろ杯に参加したことがあります。このとき、こたろはこのチームに加入したばかりで、サッカーの動きなんてろくすっぽ理解していなかった。にもかかわらず、私がたまたま見に行った試合で、驚くべきことに彼は腕にキャプテンマークを巻き、ポジションはトップ下。話が超大げさになって恐縮なんですけど、相手に隙があればボールを持ってゴール前に果敢に飛び出すという、まるでFマリの山瀬みたいなことしてたんですよ。(←実態を知る人から見れば「ふざけんな!」ってなもんでしょうが、ホント周りが下手な分、そういうことが出来たんですよ。)そして、チームは2回くらい勝利だか引き分けたかしたんです。(結果の方はあんま覚えてねえけど。)

こたろがエースったってね、そりゃあなた、誰だって見ればすぐにわかると思いますけど、彼は今でもブヨブヨした身体で鈍足腰高でドスドスと醜く走りやがるし、相手が上手けりゃスパッときれいさっぱり抜かれやがるし、個人的技術などお世辞にも上手いとはいえないんですよ。知ってる人から見れば「こたろが山瀬だと?ふんっ!」鼻で笑われるのがオチなんです。だからこそ、今回Bチームなんだろうしね・・・・・ただ、ボールに絡みついて奪おうとする意欲だけはある。相手の自由にはさせないという明確な意思だけはある。そこが他のあすなろ出場選手との決定的な違いで、わたしゃそこに希望を見出しちゃってるんです。

これまでは後ろのポジション(ボランチ)だったこともあって、なかなか枚数が伸びなかったこたろの写真も、あすなろ杯ならきっと大量に撮れることでしょう。ま、これまで”勝つ可能性がどうのこうの”と屁理屈並べてきましたけど、私が「あすなろ上等!」って思った本当の理由はこっちかな。せっかくわざわざ機材そろえて撮影に臨んでいるわけですから、撮るんならやっぱり我が子を中心に撮りたいモンね。写真の中では相手の強い弱いは分からない。選手個々の技術までは写らない。そこが写真のいいところですから。

こんな感じで、今年のこたろチームは弱いんですけど、こたろはその中でもより弱く編成されちゃった方のチームにいたりもするんですけど、弱いなら弱いなりに楽しみ方ってあるッスよ。あすなろ杯の車当番、積極的に立候補しちゃおっと。

スポンサーサイト
  1. 2008/04/23(水) 21:52:10|
  2. サッカー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブリテン シンフォニア・ダ・レクイエム | ホーム | ホコリっぽいピッチ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/84-32c416f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる