ま、適当に

思いつきで書くよ

70-200mmはキャノンにします。

今月始め、タムロンA001(SP70-200mmF2.8)が発売されました。これに伴い、ボチボチとサンプル画像を提供してくれる方が出てきています。それを片っ端から見て、懸案だった70-200mmの購入レンズについて一つの結論をつけました。

「キャノンのEF70-200mmF4L ISを買おう。スペック的にはどう考えても割高なんだけど、しょうがないよね。」

皆様の提供してくださるA001のサンプル画像を見て、まず目に付いたのはこのレンズの切れ味です。これ、間違いなく一級の解像力がありますね。柔らかくて切れる画像。A09でもそうなんですが、こういう味ってタムロンの独壇場だと思います。これに比べるとキャノンのF4L ISで撮った画像は、残念ながらちょいとギスギスしちゃってる感じがします。

で、このままなら文句なくA001を選ぶことになる勢いだったんですが、見つけちゃいました。A001の弱点。と言ってもこれ、別に「見つけちゃいました」なんて偉そうな言い方をするほどのモンでもなく、画像さえ見れば誰もが気づくことだと思うんですけど、とにかくこのレンズったら”ボケが汚い”んです。

私がここで言っているボケの汚さっていうのは、いわゆる”二線ボケ”という形で簡単に確認できます。木の枝やら電線やら金網やら、線状の物体が背景に入ったときのボケ。こいつが明確に二線二線してるんです。様々な方より公開していただいているサンプル画像の中から、こういう背景の画像を探し出して見てみてください。ほら、分かるでしょ?ゴテゴテギシギシしてる醜きボケが。続いて、その感覚を持ったまま、背景に線状の物体を含まない他の写真も見てください。ほら、分かるでしょ?普通のボケだと思ってたのが、実はスットコドッコイなボケだったって・・・・・。

70-200mmっていうレンズは、どの会社のものも多かれ少なかれ二線ボケが出ます。何故なんだか私にゃ分かりませんが、とにかく出ます。ぶっちゃけF4L ISだって出てる。でもまあ、それは許容レベルなんですよ。それがこのタムロンA001の場合、顕著に過ぎるんですよね。柔らかい描写の中にいきなりあの二線ボケですから、なんだか余計に引き立っちゃう感じ。まあ見てください。どうスか?そう思わない?シグマのも二線ボケが酷いけど、それ以上って感じですよね。

ま、あまりしつこく皆様に同意を求めたってしょうがないことでした。人の評価はどうあれ私はそう思っちゃいましたんで、ここはやはり自分の第一感に素直に従おうと思います。あの二線ボケは許容範囲を遥かに超えている。絶対に我慢できない類の弱点だよなあ、と。・・・・う~む、それにしても残念です。買おうと思ってたのに~!・・・何が悲しくて、4万円も追加して1段暗いレンズを買わなきゃならないんだろ・・・・ブツブツ・・・・・

スポンサーサイト
  1. 2008/04/25(金) 22:05:05|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<3-6-3.タイヤ | ホーム | 返事が来ねえ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/87-d0cb760a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる