ま、適当に

思いつきで書くよ

”バカ”が売り?

皆様はヘキサゴンってTV番組、見てます?我が家ではね、これを欠かさず見てますです。てか、子供たちがこの番組をHDDレコーダーに”毎週”という設定で予約録画してますので、これを子供が再生する度、否応なしに見せられています。

この番組、”Pabo”とか”羞恥心”というおバカユニットを構成している連中のおバカっぷりが売りみたいですね。でも本当はこいつらが面白いわけではない。あれを面白いと思えるのは言うまでもなくMCが島田紳助だからなんであって、他の番組にこの連中が出ていても大して面白くありません。だってただのバカなんだもの。

・・・てなことをこの前子供たちに言ってみたのですが、「へっ?」ってな反応なんです。子供ってそういうことに気づいてないみたいなんですよ。(←鈍感なうちの子だけかもしれませんけど。)ヘキサゴンを見て笑っているとき、あの6名のおバカそのものが面白くて笑っているんだと思ってるわけです。んじゃ試しに他の番組を見てみろってことで、この連中が出ていた他の2~3の番組を見たあとで、再び同じ事を尋ねてみました。すると、

「うん、確かにあんまり面白くない。こいつらの面白さって、紳助が引き出した面白さだったんだね。」

物事の真理になんとか気づいた我が子達に、ようやく胸をなでおろしたおいらなのでした。・・・・・って、全然違うってば。今回はそんなことが書きたいんじゃないってば。

Paboと羞恥心の6人、彼らって本当に単なるおバカなんでしょうか?確かに頭の中は空っぽでしょう。知識はない。まるでない。物事を正しく正確に捉える技術もない。一見するとどうしようもないただの能天気バカに見えます。でもね、その一方ですごい才能がありますよね。でたらめな回答を即答する才能。あれは絶対にまねができない。やってみてよ。絶対に出来ないから。知らなきゃ普通は答えられないと思うんですよ。必死で考えながら口ごもるのがせいぜいで、即答なんて出来っこない。それを彼らはとにかくガムシャラに答える。脊髄反射的にでたらめに答える。でもその答えはきちんと形になっている。これはものすごい才能だと思うんです。

彼らは普段の生活の中では自分の頭脳を彼らなりにちゃんとコントロールしているはずでしょ。ああいう脊髄反射的な側面もそりゃ多少は出ちゃってるんでしょうけど、全部あの調子だと生活そのものが成り立ちませんからね。そんなわけはない。分からないことは分からない。間違ったこと言ったら周囲が混乱する。だから黙っとこ、となっているに違いありません。もちろん「他人からバカだと思われたくない」という人として当たり前の欲求だって彼らなりに持っているはずです。それを番組の中では全て捨て去ってあんなふうになる。これはもう恐るべき才能だと思うわけです。

ただまあ、こういう才能を他に生かせるのかって言うと、そこはちょっと甚だ疑問ではあるのですが、ま、そんなことはともかくとして、個人や組織の”才能”を感じとれるような番組って、それがどんな”才能”であれ結構長続きして見てたりします。一見ただの低俗番組と思えるヘキサゴンを飽きもせずに見ている理由がこれでして、他の番組で同じような例を挙げてみると・・・・・って、だんだん収拾がつかなくなってきました。いつにも増してこじ付けが多いし、・・・だいたい、今日はこんなことを書こうと思って書き始めたわけじゃないッス。これ、自分の中で脱線し続けてるだけなんスよ。一度書いちゃった文章を消すというのはポリシーに反しますのでそのままにしときますけど、もうどうにもならんので、強引に本題に入ります。

バカって種類があると思いませんか?バカってところは共通なんだけど、同じバカでも同じ種類ではない。・・といっても抽象的に過ぎますね。おいらが言いたいのは・・・例えばあの6名を例にとりましょうか。あいつらは知識的には掛け値なしにバカでしょう。前述した”才能”はともかくとして、彼らが利口かバカかと問われれば、文句なくバカだと答えます。知識なさ過ぎ。当たり前のことを聞くな、と。でもね、おいらはあの中に、これまで利口になるきっかけがなかっただけで、今後利口になっていく可能性があるなと思う人がいるんです。その人は・・・・里田まいです。知識的側面のことじゃないんスよ。物事を知っているか知らないかはここでは問題じゃない。知識よりも知恵・・ってところですかね。彼女には芯の通った論理性を感じるんです。これさえあればいつでも利口になれる。今はそれを使ってないだけ・・・

この感覚、分かってもらえますか?たまたまなんですが、このブログ読者の一人とこれを共有できちゃったもんですからね。これをみんなと共有したかっただけなのよ。おすそ分けを皆様にと。それだけなの。んじゃ、Bye.

スポンサーサイト
  1. 2008/05/22(木) 20:46:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<野球撮影 | ホーム | いじくり>>

コメント

ヘキサゴン、大好きです。
水曜は毎週早めに帰宅して観てたりします(笑)。

知識と知恵は違うし、生きて行くには知恵の方が大事でしょうし、学校で学ぶ知識が、普通の生活していく行く上でこれっぽっちも役に立ってないことも多々ありますもんね。

ただ、小学校の分数計算が分からない(どこまでが演出でどこまでが素かは分かりませんが)というのは、頭脳解明クイズで爆笑すると同時に、空恐ろしくなりもします。

そう遠くない将来、日本が滅んでも何の不思議もないよなぁ・・とか(笑)。
  1. 2008/05/23(金) 11:04:01 |
  2. URL |
  3. xero #xJy3ruYo
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://yutakota.blog34.fc2.com/tb.php/99-ef918337
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる