ま、適当に

思いつきで書くよ

カジノ法案

正確にはIR(Integrated Resort)推進法案というらしいんですがね、いわゆるカジノ法案ってやつが衆院を通過しました。で、民進党やら共産党やらがいつものようにこれに反対しているわけですが、その理由っつーのが「ギャンブル依存症によって身を滅ぼす」的な、ギャンブルに対するステレオタイプの批判がベースとなっています。こいつらったら相変わらずつける薬がないっつーか、バカは死ななきゃ治らないっつーか、反対の理由として本当にそこにフォーカスしたいのであるのなら、国会議員としてもっと他にやることがあるだろうに・・・・。

カジノなんかね、たとえ出来たところで日本全体でせいぜい数か所でしょう。おまけに、海外のカジノに行ってみれば誰でも分かると思いますが、カジノの設置区域にグローバルスタンダードな規制をかけてしまえば、ギャンブル依存症など滅茶苦茶マイナーなレベルにしかならないし、その地域だって荒んだ感じになどなりゃしないわけです。

一方、日本中くまなく存在しているパチンコ、競馬、競輪、競艇といったギャンブル施設を見てごらんなさい。ギャンブル依存症の発生率がもし数値化されていれば、カジノなんぞの比ではないことは間違いないでしょう。おいら的に行ったことのある中では高知競輪、平塚競輪、百歩譲って高知競馬あたりがそりゃあもう相当なレベルのゲスっぷりでしたが、場内のそこら中にいるオヤジっつーかクソジジイがことごとく身を滅ぼすレベルのギャンブル依存症だと断定できてしまいそうな廃人環境ですし、そんなことは現場に一度でも行ってみればすぐに分かるはずです。

今さら民進党や共産党などに所属してしまうほどのバカを相手に何を言っても無駄なのかもしれませんが、もし国民のギャンブル依存症が本当に心配であるのなら、お前らがやるべきはこのカジノ法案に反対することではない。カジノなんぞに構っている暇があるのなら、パチンコ、競馬、競輪、競艇といった既存のギャンブルを野放しのまま放置したりせずに、せめて今の中央競馬と同レベルくらいに、即ち場内に一目見て廃人と分かるような奴がほとんどいなくなるよう何らかの手を打つこと、こっちが本丸だろうが。なんでこれしきの事が分からんのかなあ。もうバカにはホント、うんざりするわ。

そこに気付かない、それをしないってことはだよ。こいつらったら国民のギャンブル依存症など実はどうでもよくって、ただ単に反対のための反対をしているだけってことでしょ?もしくは、病的に視野が狭く発想の広がりも皆無というアホが服着て歩いているようなクソ野郎、クソババアの分際で、現場に足を運んだこともないまま(運んだところで見る目もないんだろうけど)頭の中でちょっと算数しただけで偉そうに意見してしまうような救いようのないウスラバカ。そういうことか?いや、実際にはその両方なんだろうな。とにかくこいつら、党名の設定、党首選びなどといった基本的なことから各種政策に至るまで、やることなすことあまりにバカすぎるもんなあ。頼むからこれ以上国民を失望させないでくれよ。

ちなみにおいらは、個人的には別にカジノなんぞあってもなくてもどちらでもいい。ただ、定量的にプロコンを比較して意見せにゃならん状況になったら、別に反対する理由もないから賛成に回ることになるんじゃないか。その程度だ。カジノが出来たらモノのついでに行くこともあるだろうが、カジノを主目的にわざわざ出かけることはない。カジノなんぞそんなもんなのであって、そんなものにピント外れに入れ込んでもしょうがない。

もし依存症の視点からギャンブルを社会的問題と捉えるなら、まずは、街中ではほとんど見かけることのないような廃人みたいなやつらが、これだけ大量にどこから湧き出てきたのか全く理解不能ってくらいウジャウジャいるド田舎の競輪場、競艇場、地方競馬場などといったあの超下品なやさぐれコスプレ劇場的現場を何とかすべきだろう。こちらには政治的にカジノなんぞよりもずっと興味がある。これらに対して適切な規制法案が出たらおいらはおそらくある程度の積極性を持って賛成し、選挙で賛成をうたう候補者がいればそいつに投票すると思う。それくらい身近な話だ。併せて、パチンコにも制限を加えた方がいいかもしれない。北朝鮮の資金源にもなってるようだし、射幸心をあおるという意味ではこちらの方がよほど大きな問題なのだから。

既存のギャンブルに政治的なメスを入れる。これって利得権益でがんじがらめの自民党には絶対にできないことでしょ?おいらが野党第一党なら文句なくこっちをやる。つーか、なんで野党どもがこれをやらないのかが不思議だ。国民の利益になる話を前向きに進めながら自民党をぶったたく絶好のチャンスだし、カジノとバーターで法案を出すのも面白そうだってのに・・・・。

せっかくギャンブル依存症に焦点を持って行きながら問題だらけの既存ギャンブルを放置しておいて、大した問題にもなりそうもないカジノにだけいちゃもんをつける。そういう糞尿垂れ流し的なことを仕出かしておいて一切省みることができないノ~タリンの脱糞野郎、放尿ババアどもなんぞ、今後は一切まともな脳細胞の持ち主として扱うことはせず、前頭葉、そしてもしかすると大脳新皮質までをも欠損した真性のおバカであると認定したい。そして、こうしたウスラバカのことをこれからは「民進党員」とか「共産党員」と呼ぶことにしよう。・・・って、そう言えばおいらったらもうとっくの昔にそういう意味でやつらをこう呼んでいたよなぁ・・・・・わりぃ。

んじゃ。

  1. 2016/12/06(火) 22:56:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

晩酌

それ、相当細かい話になるけど、楽しそうなので久しぶりにだらだら書いちゃうよ。

うん、おいらはハイボールだ。あんたが大好きなビールは飲んでいても酔いがなかなか進まずかったるいので、飲み屋なんかで一杯目の乾杯をする以外はあまり飲まなくなった。

出来合いじゃない。自分で作るよ。まあ「作る」なんて言ったって、大ジョッキサイズのコップに氷を入れ、ウィスキーと炭酸水を混ぜるだけなんだけどね。週に5日はこれを飲む。

1.ウイスキー

ウイスキーは毎週一本買っている。毎週買うということもあって価格で縛りをかけており、通常は一本2,000円以下、高くても3,000円までと決めている。まあザックリと「一月10,000円以内」って感じだな。

購入ブランドだが、2回に1回は角かオールドを買い、それ以外はいろいろな銘柄をとっかえひっかえ試したりしている。一昔前までは山崎や白州などで贅沢をすることもあったが、今は買わない。逆に、これで満足できたらコスパ抜群と思って600円台のブラックニッカを買っていた時期もあったが、ベトっと重たいあの平面的な感じがビミョ~に馴染めなくなってきて、今では角が最低ラインとなっている。ちなみに、トリスはおいら的には論外だ。

ハイボールに仕上げることを前提とするなら、ぶっちゃけ角とブラックニッカの間に差はほとんどないように思う。角の方が多少澄んでいてスイッと飲める(←サントリーの酒って、どれもこれもこういう仕上げだよね)という程度で、おいらが重視する”鼻香”的には角にも不満を感じつつある。角と同価格帯のプレミアムのついたブラックニッカ(リッチブレンドとかディープブレンド)なら、ニッカの方がずっといい。じゃあ角を買わずに後者を買うのかっつーとそうでもなく、角までもがダメとなると味も分からん貧乏人のくせにカッコつけて贅沢言ってるだけみたいになるし、何より井川遥さんに悪いもんだから、どうにも角を許容範囲から外せないでいる。そんな感じだ。(←我ながら100%説明不能)

ハイボール用途限定で安酒にコスパランキングをつけるなら、あんたからは超意外と言われるだろうけどジョニーウォーカーの黒ラベル、これがNo.1だと思う。実はこの酒のハイボールって今週初めて試したばかりなのだが、いきなり結構な強さで鼻に抜けてきたので、素直に「こりゃすげえ」と思った。高級な酒でしか味わえないと思っていたあの鼻の中をホワホワと吹き抜けていく感じが、3,000円しない酒(それもハイボール)で楽しめるとは・・・・・さすがはその昔、高級酒だっただけのことはある。

ジョニ黒。サントリーでは絶対にあり得ないようなこの独特なスモーキーさには賛否あるだろうが、おいら的には問題ない。価格は角の倍くらいするが、逆に言うならその程度でこれだけの酒が買えてしまうので、今後、我が家のハイボールメインブランドへと一気に駆け上がってくるかもしれない。

No.2は今のところオールドだろうと思っている。角よりほんのちょっと値が張るだけで、角より確実にいい。その癖のなさから、スモーキーなジョニ黒の箸休め的な意味合いも相まって、我が家の基本ブランドとなっていくと思う。その代わり、井川遥さんにはホント申し訳ないのだが、角などは買わなくなっていくに違いない。ジョニ黒ハイボールにより評価基準が引き上げられちゃった今、角の出る幕がなくなった感じ。

昨年、一瓶2万円くらいするような良質なウィスキーをいただき、これで水割りとハイボールとを交互に飲んでは至福な感覚に包まれたことがあるのだが、その酒ったらもう全くの別物であった。出来のいいウィスキーってのはどうにもならんくらい美味い。

というわけで、その時の至福感の全てとは言わないまでもその何割かを再現してみるべく、何かの記念にかこつけて、半年に一回くらいは高級ブランドを買おうと決心している。いい酒になると炭酸が邪魔になってくるので、ハイボールより水割りの方がベターでしょ?そのときはハイボールは一休みにして、水割りを飲むってことになりますな。

2.炭酸水

炭酸水はウィルキンソン一筋だ。一昔前までは炭酸水のブランドなどは気にもせず、場末のスーパーで売っている1本50円くらいのノーブランド激安炭酸水なんかも平気で使ったりしていた。それがまたいつ頃のことだったか、炭酸水の違いでハイボールの味(というか、香りの立ち上り方)が変わることに気付いてからというもの、50円物の出来の悪さが許せなくなってしまった。以降、いろいろなブランドを試してみてウィルキンソンに落ち着いた次第。(一本85円なので価格的には大差ねえけど)

他の炭酸水と比べるとウィルキンソンの泡には微妙な大粒感がある。これがハイボール向き、つーか、おいら向きなのだ。他の炭酸水の泡は細かくて長持ちしない感じがするのだが、この細かい泡ってやつが向いているウィスキーだってもちろん存在すると思う。ただそんなの、おいらの好みではないことは明らかだが。

量的には一回あたりペットボトル一本500mlの2/3くらい、350ml程度の炭酸水を使用する。150mlのウィスキーを350mlの炭酸水で割って500mlにするって感じか。これだと市販のサントリー角ハイボール缶<濃いめ>よりも更に濃くなって12度くらいになるが、飲んでみりゃすぐにわかる。濃くなんかない。風呂上がりの晩酌、その最初の一口として、おいらったらビールと同じ感じでゴクゴク飲むもん。別に酒飲みじゃなくたって、それが出来ちゃうのがハイボール。炭酸によって一気に吸収が進むため、短時間でのほろ酔いにうってつけなのだ。

ちょっと脱線するけど、おい、サントリー!アルコール度数が9%しかないあんな水っぽいものを <濃いめ> などと呼んでんじゃねえよ。濃いめじゃない普通の方なんて、薄すぎて意味不明ですらある。それに、氷なしのハイボールとかそもそもあり得ねえだろ。あんな生ぬるい得体のしれない飲み物を飲まされるこちらの身にもなってくれよ。炭酸も弱っちいし味だってあちこちが足りない、文字通り”間抜け”な飲み物だ。お前ら、酒造メーカーだろ?あんなもんを商品化するなんて、アホなのか?

ビールは冷やして飲むが、氷を入れたりはしないよなあ。それはなぜか?3~4℃がビールを最高においしくする温度だからだ。でもウイスキーは違うんだよ。

ウイスキーには2つの旨味のピークがある。その一つは・・・・なぜロックなどという飲み方があるんだと思う?簡単だ。融点ギリギリまで冷やすとうまいからだ。ハイボールだって同じである。美味しく飲むには氷が必須なのだ。もうひとつのピークは室温だ。これは医学・薬学の世界で言うところの”室温”のことで、25~27℃あたりを指す。ちなみに、室温で美味いのは水割りだけだ。それも1対1の比率で割っておいて、ゆっくりと舌の上で転がしながら飲む。これで安酒でも驚くほどうまくなったりするからやってみろ。・・・って、そんなことはどうでもいい。

冷蔵庫で中途半端に冷やしたウイスキー(ハイボール)を飲むなど、酒のことが分かっていないとんでもねえ愚挙だろうが。こんな基本中の基本を酒造メーカーのお前らが知らんはずなかろう。飲んでみろよ、その缶を。生ぬるくて気持ち悪いから。ったく、こんなもの作りやがって。消費者をなめるのもたいがいにせ~よ。・・・・・って、ふぅ~、ようやく気が済んだ。脱線終わり。

ウィルキンソンの炭酸水にはコーラの香りを付加した「ドライコーラ」というのがあり、おいらはたまにこれを使って遊んでいる。香り的に貧困な廉価ウィスキーの弱点をコーラの香りが程良くちょろまかしてくれるので、安酒ほど使用頻度が高くなる。週5回ハイボールを作るとして、角の週は3~4回このドライコーラとなる。オールドの週で1~2回かな。2,000円越えの酒になるとさすがに止めるけどね。

そうだ、今思いついたんだけど、今度あのお安いブラックニッカでドライコーラを試してみよう。ドライコーラを知る前にブラックニッカは飲まなくなっていたので、おいらったらこの組み合わせを経験したことがないのだ。もしかするとこれでブラックニッカもルーチンに復活できるかもしれないなあ。

こういうイレギュラーな組み合わせって、一週間連続は無理でもたまにピンポイントで飲むなら問題ない、なんてこともありそうだ。つーか、そもそも同じブランドを一週間連続で飲み続ける今のやり方が変態すぎるのかもしれない。普通に考えるなら、数種類のウィスキーを常に持っておいて、その日の気分によって飲むブランドを変える。これが健全だよな、やっぱり。・・うん、今後はそうすることにするわ。

3.氷

氷は冷蔵庫が勝手に作るやつを使っている。以前には袋入りの氷を買ってみた時期もあるのだが、結局差が分からなくて止めてしまった。我が借家にはシンク一体型のシステム浄水器が導入されているし、製氷機能付きの冷蔵庫を買ったばかりでもあるので、平均的な家庭よりは氷の出来がいいのかもしれない。いい酒なら違いが分かりやすく出るのかもしれないが、廉価の酒では無理。おいらレベルの舌なら我が家の氷で十分だ。

とまあ、以上がおいらのハイボール事情ってことになるのだが、このおいらの晩酌コストをネチネチ計算してみると、一日300~500円くらいってことになる。ビールがぶ飲みのあんたと比べりゃ、半分以下だろう。

ビールもソコソコ美味いとは思うんだけどね。ただ、ほろ酔いでコトッと眠りにつけて、朝起きたらスッキリしている。この晩酌の本来あるべき姿が、ビールだとどうしても実現不能になってしまうから辛い。だって、酔うためにリッター単位で飲んだら、どうしたって夜中におしっこで起きちゃうでしょ?そんなの嫌だもん。つまみなしでリッター以上飲むってのも辛けりゃ、費用的に一日1,000円を軽く超えちゃうってのも辛い。やっぱ、おいら的に晩酌にビールってのはあり得ない選択なのだ。

あと、大酒飲みには程遠いおいらですら「どんな酒でも金さえ出せば本当に美味いものが手に入る」くらいのことは承知している。でも、たった数百円で毎日の飲酒に耐えられる酒となるとねえ。安い日本酒や焼酎ってのはおいら的にあの臭いが全然ダメだし、安ワインなどはアルコールをぶち込んだぶどうジュースって感じでお話にもならない。いわゆる”安酒”だと「悪酔い」とまではいかないが、朝起きた時に気持ちよくないしね。で、結局、低コストで毎日楽しむにはハイボール。これしかないのであ~る。

ちなみに、ハイボールを飲まない日は市販の酎ハイ缶などを飲んでいる。こいつを飲むのは決まって休日だ。500ml一缶か350ml二缶。アルコール的には全く物足りないが、ジュース的な味がついているせいか、量飲むとウンザリしちゃうので仕方がない。こちらはコスト的には多少のメリットが出て、一日150~200円也。たまにはこうした肩すかしを食らわした遊びもいい。

んじゃ。

(メレ)

  1. 2016/12/04(日) 22:13:24|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デブに歯止めを

おいらのこの使い古された身体ったらただでさえポンコツだというのに、最近、体重がとんでもないことになっているようでして(←怖くて測っていない)、一年前の服はどの服もきついし、電車内で立っているだけで腰は痛くなるし、歩き出せば踵(かかと)は痛いし、前かがみになっただけでぶっ倒れそうになるし、1時間に3回くらいとてつもなく眠くなるし、とにかく何をしようがにっちもさっちもいかなくなりつつあります。

平日はね、雨さえ降らなきゃ毎日最低でも80分、7kmくらいは歩いてるんですよ。いつもつけっ放しにしているポケGOのジョギングの記録を見れば毎日9~10kmは伸ばしてますし(←ポケGOって実際の移動距離より多く記録されるようです)、4ヶ月強の累計がもうすぐ1,000kmになるくらいですからウソではありません。にもかかわらず、おいらの身体はデブまっしぐら。これ、どういうことなんでしょうか?

答えは簡単です。毎日飲みたいだけ飲み、食いたいだけ食ってるからです。

毎晩キンコンダッシュで規則正しく帰宅し、8時前に夕食をたらふく食う。その後、デザートと称してシャトレーゼで購入したアイスを2本食べます(バニラソーダとコーヒーミルクだよん)。でもって、風呂上がりに炭酸水500mlをフルに使ってハイボールを角一瓶が一週間もたないペースで毎晩飲み、その際につまみと称してお菓子一袋を開けたりします。・・・って、こんなに飲み食いしてて痩せるはずねえわな。

というわけで、これ以上デブってチンチンが直接見えなくなりでもしたら人として終わってしまうような気がするので、今日からとりあえずアイスとお菓子を止めてみます。でも全部止めちゃうとストレスで精神に異常をきたしちゃうかもしれませんので、ハイボールだけは許してちょ。

んじゃ。

  1. 2016/11/29(火) 22:34:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

インフルエンザ

会社で目の前に座っている女性がインフルエンザに罹患し、来週半ばまでお休みとなりました。わが社ではインフルエンザだとほぼ強制的に一週間お休みとなるので、おいらったら密かにうつっていることを期待してます。

んじゃ。

  1. 2016/11/26(土) 23:02:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

進捗報告(その4)

既に月例化しつつありますが、月単位での進捗につきご報告申し上げます。

●XP 57万 → 125万 → 195万 → 295万
ハロウィンイベントでのゴースマラソン3連発により、月間100万XPの大台に達しました。ただ、直近の進捗はほとんどありませんので、今後何らかの魅力的なイベントでもない限り、来月の伸びは悲惨なものとなりそうです。(明日からやるらしいイベントは大したことないようなので、再開するまでには至りません。)

●ウォーキング距離 180km → 375km → 630km → 930km
歩く距離だけは延び続けています。タマゴを孵す作業だけはサボらず、スマホつけっ放しで歩いてるからです。今後もこの「距離」だけは稼ぎ続ける予定をしています。

●レベル 24 → 27 → 29 → 31
31までは快調に進んでいました。来月にはおそらく32までは進むでしょうが、ポケモンのまとまった捕獲を止めているので、その後は32のまま微速前進を続けることになると思われます。

●ポケモンを捕まえた数 102 → 121 → 134 → 139
現時点で捕獲できていないポケモンはジュゴン、ポリゴン、ラッキーの3体です。ただ、パウワウとアメ50個は既に確保しておりまして、手持ちのパウワウが弱すぎるので強い個体が手に入るまで進化を控えているというだけなので、ジュゴンはいつでも入手可能な状態にあります。よって、142種コンプリートまで実質的に残っているのは2体ってことになりますです。とはいえ、今までの4ヶ月間、1度も出会ったことのないポリゴンとラッキーですからね。タマゴ孵化によるゲットを漠然と期待しているだけで、これがいつになることやら見当もつかず、当然のことながらモチベーションも上がらず・・・・・

んじゃ。

  1. 2016/11/22(火) 23:16:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ズラ太郎

昨日の帰宅時、電車に乗り込んで座席前の吊革につかまって立ったら、ちょうど目の前に座っていたのがズラ太郎でした。こいつに会うのはいつも電車内でこれが3~4回目くらいなんですけど、余りに印象深い容姿をしているため、初対面のときからバッチリと記憶に残っておりました。

まず、年齢は40歳代後半くらいでしょうか、身長が180cmくらいはある結構がっちりしたタイプの大男で、ねずみ男とこなきジジイをブレンドして顔面センターにした感じの、ナマズヒゲがよく似合いそうな糸こんにゃくみたいな顔をしています(どんな顔やねん!)。んでもって、自分の大きさをまるで自覚していないのか、いつも足を開き気味に座り、肘をたたむこともせずに新聞を読んだりするため、いつも隣席にはみ出て横に座った人から疎まれるという極めて残念なKYオヤジです。

何よりも印象深いのはね、その名前からも想像がつくかと存じますが、頭の上に乗っかっているどこからどう見てもズラにしか見えないズラ、これです。ほんのちょっとブラウンの入った髪型ペッタンコの極細トコロテン仕様の製品で、こんなズラを選ぶなどどうかしていると誰もが思うほど全然本人とマッチしておらず、それがまたどうにもならないほど滅茶苦茶面白い雰囲気を醸し出しております。許されるなら写メでも撮って皆様にお送りしたかったところなんですが、あんな変なものを撮影して盗撮呼ばわりされるのも全然割に合いませんから、昨日はなんとか生え際など一部だけでもその詳細を把握してやろうと、メガネをかけたり外したりしながらシミジミと見つめ続けていました。

そうこういるうちに途中駅でズラ太郎の横の席が空き、その前に立っていたお兄さんが入れ替わりで着席しました。で、ここからが一生忘れられないであろう物語の始まりです。

そのお兄さんは着席直後にズラ太郎が自分の領域を浸食していることに気付き、それを自分の肩、ひじ、ひざを使って軽く押し戻したんですが、なんと、ズラ太郎がそれに抵抗し始めたんです。

モゾモゾグリグリと落ち着きなく不当な浸食領域の回復を図るズラ太郎に対し、「なんだこの気持ち悪いクソジジイは」ってな感じでその気持ち悪さがゆえに積極的な関与を避けながらも、自分の領分だけは何としても維持しようとなし崩し的妥協だけは断固拒絶するお兄さん。第三者の目から見るとどう考えてもズラ太郎の方がデタラメでそのお兄さんの方が絶対的に正しい状況なんですけど、あんな変なものを被って省みることすらできないの~たりんズラ太郎なんぞに、世の中のバランスとか、周りとの均衡などという難しいことが分かろうはずもありません。

てことで、周りからどう見えているかなどお構いなしで知能指数一桁レベルのバカ丸出し行為を不毛に続けるズラ太郎。おいらったらそれを超微妙な笑みを浮かべながら結構露骨に視線を動かし観察していたんですけど、ある瞬間、突然脳内にいた仮想ズラ太郎がテレビCM風にしみじみと語りはじめたとんでもねえフレーズが頭蓋内を駆け巡り、そこからはもう笑いをこらえるのに必死になりました。

「劣等感の塊で引っ込み思案だったこの僕が、このズラのおかげで無遠慮に他人の領域を侵食できるまでになりました。ありがとう、ペッタンコズラ。」

頭の中に勝手に浮かんできたこのしょうもない言い回しとリアリティあふれるズラ太郎の語り口がおいら的に滅茶苦茶ツボだったもんですから、文字通り身体をよじりながら笑いをこらえていたんですがね。そのうち、あまりにねじ曲がった承認要求をこれほどまでに分かりやすく提供し続けてくれているズラ太郎に加え、それを見て笑いをこらえる悶絶クソジジイという自分をも巻き込んだ全体の図式がおいらの笑いを一気に別次元へといざない、ついには堪え切れなくなって「ブッ!」っと噴き出してしまい、その後もこの笑いの悶絶はいっこうに止む気配を見せなかったため、やむなく一つ前の駅で途中下車する羽目に陥りました。

降り際に、顔にハンカチを押し当てたまま涙目で身をよじりながら絞り出すような笑い声で発した「ズラ」という断末魔の叫びにも似たおいらのつぶやきに、横に立っていた若い女の子が激しく反応しておりましたので、周りの人達もきっとおいらと同様、ズラ太郎の行為を楽しく見学していたんだと思います。

何の用もない隣の駅に途中下車してしまったせいで帰宅が10分ほど遅くなっちゃいましたが、そんなのはとるに足らない些細なことです。それよりも何よりも、本当にいい経験をさせていただきました。ありがとう、ズラ太郎。ありがとう、ペッタンコズラ。ホント、面白かったぜ。

んじゃ。

  1. 2016/11/15(火) 22:59:50|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Bリーグ

プロ化されたバスケットBリーグですが、いつの日か生で応援したいと思い、そのときのための予習も兼ねてネットで様々な情報に触れてみたり、試合の放送があるときには見てみたりもするんですが、どうにもこう「あまり面白くない」って感覚が芽生えてきちゃって困ってます。

おいらのバスケット観戦歴っつーのは、ぶっちゃけ米国駐在7年間のNBA観戦に限定されるんですけど、あの頃はブルズのマイケル・ジョーダンが引退する前の、丁度レイカーズのコビー・ブライアントや76ersのアレン・アイバーソンなんかが台頭してきたくらいの時代でした。それだけでも十分に面白かったんですが、数年かけてNBAにもだいぶなじんだころ、おいらの地元ニュージャージー州の弱小チーム「ニュージャージー・ネッツ」が当時全米屈指と言われていたPGジェイソン・キッドを獲得し、ドラフトで獲得したばかりのリチャード・ジェファーソンなどとともに突然強豪チームに大変身を遂げたりしたもんですからね。その頃はもう面白くて面白くてたまらない状況になっておりました。

その後帰国。で、しばらくしてからテレビでナニゲにやっていた日本リーグだか実業団リーグだかの試合を見たんですけどね。NBAとのその余りの違いに愕然と致しました。日本にもでかい選手はたくさんいましたが、2m近い身長がありながらダンクシュートではリングに届くのがギリギリくらいのジャンプしかできねえし、動きなんかもうFC東京の平山より緩慢だし、バスケっぽく動けるのは小さな選手ばかりで、5分くらいで一気に嫌気がさして見るのを止めちゃいました。

んでもって、それからまた長いブランクを経て今に至るわけなんですけど、Bリーグ発足を契機に、「プロ化したくらいだからゲームそのものも相当面白くなっているだろう」「さすがにあの頃よりは上手くなっているだろう」という期待も込めて、10数年ぶりに試合を見ることと相成った次第ッス。でも、・・・・・

残念ながら面白くありません。さすがにあの頃よりは多少上手くなっているのかもしれませんが、現時点ですらNBAどころか全米カレッジバスケット(NCAA)と比べても、まず間違いなくNCAAの方が上。それくらい下手やんけ、と思ってしまいました。ウソだと思うんなら、NCAAの試合を見てみてください。選手なんぞ一人も知らないというのに、ソコソコ面白いですから。

これに対してBリーグってのは、全体がダイナミズムに欠けているのはもちろん、相変わらず高さがなくて二次元的だし、あまりにかったるい感じがします。特に期待してみていた外人だってとにかく下手くそだし、純粋なバスケットボールの試合として見てたら、やはり面白くも何ともない。無理やりサッカーに置き換えてみますとね、NBAをプレミアリーグとするなら、NCAAはJ1リーグ。そしてBリーグはJ2もしくはJ3リーグ、それくらいなんじゃないかと思います。

こんな感じで、テレビでBリーグの試合を観た感想は「至極残念だった」としか言いようがないのですが、だからといって興味をもてないかと言えばそうでもありません。世界のトップリーグと比べてあれだけサッカーが下手くそなJ2チームだってJ3チームだって、プロサッカーチームであるならどこでも必ず熱心なサポーターがいるように、Bリーグだってそれは不可能なことではない。要は、特定のチームを好きになっちゃえばいいんです。好きなら面白がれる。この心理は万国共通でしょう。

というわけで、ここは手っ取り早く、どこかのチームのサポーターになっちゃうに限ります。(バスケの場合はサポのことを何というんだ?やっぱ「ファン」なのかな・・)おいら的に応援すべきチームをどこにするかっつーとね、やはり我が街横浜のチーム「横浜ビー・コルセアーズ」。これしかないでしょう。

てことで、早速先日よりネットを通じてこのチームの選手を覚え、成績を追いかける活動を開始致しました。ただこのチーム、とっても残念なことにあまり強くないみたいなんだよなあ・・・。6チームある中地区で5位だってさ。でも、隣町にある同地区首位の「川崎ブレイブサンダース」などに浮気することなく、横浜のチームを応援することに決めたッス。本当に好きになるにはメチャ時間がかかると思いますが、ある程度の情報が集まったら試合の生観戦もする。そんな感じで、慌てず緩まずテキトーにアプローチしながら入っていこうと思います。

んじゃ。

  1. 2016/11/13(日) 23:58:13|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もう無理

極めて残念ではありますが、先般の予告通り、日常におけるポケモン捕獲プレイを休止します。3ヵ月半もの間にまだ一度も会えていないベロリンガ、ポリゴン、ラッキーと遭遇するためにできる選択的な方法などありませんし、だいたいレベルアップに必要なXPが法外すぎて、これ以上既知のポケモン獲ってもしょうがないッスよ。それに、冬場に素手でスマホを操作するのも苦痛だしね。

てことで、デイリーボーナスの導入キャンペーンか何かで、今そこかしこでポケモンがバカバカ出ているのを横目にしながら、ここんとこポケモン獲るのはオフィスか自宅内のどちらかのみで、屋外での捕獲作業はほとんど封印しちゃってます。通勤では電車乗ってる間はコミックスを読み、徒歩時にのみポケGO立ち上げて胸ポケットに入れておく。即ち、ポケGOでコンスタントにやっている作業はタマゴの孵化だけッス。一度捕獲プレイを封印するとね、一気に「どうでもいいや」って気分になるからあら不思議。

あんたらはさ、おいらに追いつくチャンスでもあるし引き続き頑張りな。ただまあ、ラプラスとカビゴン、カイリューがまだってのは、まだまだおいらの足元にも及ばないって感じだけどね。でも頑張りな。クリスマスのイベント(←たぶんやるでしょ)までになんとかできるといいね。おいらもそこで一時的に再開するつもりだけど、それまでは高みの見物をさせてもらいます。ウッシッシ。

んじゃ。

  1. 2016/11/12(土) 23:27:17|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜市営地下鉄・バス1日乗車券

横浜には地下鉄が走っています。こいつのおかげで、我が家から徒歩6分の最寄駅を出て横浜駅や関内・桜木町といったベイサイド一帯まで電車一本で行けるんですけど、運賃の設定がJRよりも高く、片道300円以上かかります。ただその一方で、市営地下鉄ばかりでなく市営バスも含めて丸一日乗り放題の1日乗車券ってのが830円で売ってたりするもんですから、ここんとこ休みになるとこればかり使ってベイサイドまで出かけております。

市営バスといっても路線バスばかりではありません。あんたらも知っての通り、桜木町からは「あかいくつ」っていう観光周遊バス(?)が二系統出ておりまして、みなとみらい一帯に加え、臨港パーク、赤レンガ倉庫、中華街、元町、港の見える丘公園、山下公園といったあの辺の観光スポットをウニャウニャと結んで周回しています。この1回乗るたびに220円かかる周遊バスも1日乗車券だと乗り放題なもんですからね。830円払って我が家からあの辺一帯を満喫しまくっているのもご理解いただけるかと存じます。

こいつを利用してのおいらの世界最高新記録は、あかいくつ3回と路線バス2回、そして地下鉄に5回乗った10月上旬の日曜日ッス。個別運賃に換算して2,250円が830円で済んだ計算ですが、ま、よく考えてみるとあまり気乗りのしないようなところへもわざわざ出かけて意地汚く利用した感もあり、実質的には言うほど得したわけでもありません。ですが、おかんと2人で3,000円近くセーブできたと無理やり考えて、無理やり満足しております。

東京在住のあんたらなら、例えばJRよりもお安い東横線なんかで横浜まで来ておいて、「みなとぶらりチケット」(500円)ってのを購入すれば、横浜からベイサイドエリア、三溪園やら野毛山動物園あたりも含めて市営地下鉄・市営バスが乗り放題となりますので、あの辺をあちこち移動するならぶらりチケを使った方が絶対にお得です。尚、あの辺一帯を満喫するのは1日では到底無理で、3~4日かけてようやく一巡できる感じなので、計画的にどうぞ。

んじゃ。

  1. 2016/11/11(金) 22:34:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

米国大統領選

トランプって・・・・

  1. 2016/11/09(水) 22:58:52|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハロウィンで当面復活

26日からの一週間はハロウィンイベントだそうで、世の中にはゴースやらスリープやらが大量に出てくるようになってますけど、この異様な環境の中で皆さまはどう対処されてますでしょうか。

おいらはレベル30になったご褒美としてしあわせタマゴを3個ゲットしたばかりでしたので、この一週間でいわゆる「ゴースマラソン3連発」みたいなことをやっちゃおうと、朝晩の通勤時という限られた時間ではありますが、これ幸いにと出てくる奴らを片っ端から獲りまくっております。おかげさまでイベント2日目の昨日の時点で無事一つ消費できまして、このままのペースで行きますとハロウィン最終日を待たずして3つのタマゴを使いきれそうな状況にあるところです。

また、イベント開始まではゲンガーもスリーパーも一度も見たことなかったんですけど、ハロウィンが始まってすぐ、あっさりとこの2匹も図鑑登録できました。また、相棒のアメのための歩く距離が1/4で済むというメリットについては、おいらの個人的環境ではほとんど遭遇することのなかったパウワウがジュゴンへと進化を遂げております。これにより、図鑑コンプリートまであとベロリンガ、ラッキー、ポリゴンの3匹というところまでこぎつけることができました。

ちなみに今の相棒は、市中ではまず出会うことがないであろうラプラスです。他のポケモンだと市中遭遇の可能性がありますが、ラプラスだけはちょいとありそうもない。そんなラプラスのアメが1.25km歩くだけで手に入るこのチャンス。これ以外の選択肢ってないでしょ?

というわけで、いろいろな意味でおいら的には大ヒットだったこのハロウィン企画ですが、レベル27で既にゲンガーを持っていたあんたと、ゲンガー・スリーパー両方の所有者であるレベル26のあんたにとっては、さほど面白くなかったんちゃいますか?二人とも、しあわせタマゴも持ってないし。となるとこれ、あんたたちにとってはポッポやコラッタが大量に出てくるような企画と大差ないってことだよね。残念だったね、ウッシッシ。

ポケGOって、こういうイベントを定期的にやるつもりなのかな?次の機会はいつでしょう。クリスマス?それもピカチュウと御三家の乱れ咲きとか・・・とまあ、実はこんなことが言いたくてこのエントリーを立ち上げたわけではありません。

実はおいら的にはこのイベントが終わったらそれ以上続けるのは無理。もうこれ以上もちそうもないッス。先日も述べましたが、しあわせタマゴを使いきった段階で次に目指すべきものがない。図鑑コンプリートだって、残った3種のポケモンに遭遇できるかどうかはそれぞれ運次第ですからね。具体的な目標、ひいてはモチベーションのあげようがなくなるんです。

実際、イベントに入る前は通勤時にポケGOよりも電子コミックス読む頻度が劇的に増えちゃってました。更に、寒くて外出が億劫になる季節がすぐそこまで来ています。だというのに、ナイアンティックったらP-GOにいちゃもんをつけて使えなくしたりして、いったい誰がこの寒い中を当てもなくふらついてくれると思ったのでしょうか。

そろそろポケモンの種類を最新シリーズまで順次増やしていってもらうとか、バカ丸出しだったことを素直に認めてP-GOに土下座して復活していただくとか、何かしらの大きな変化がないとあんた、継続困難だってばよ。何とかしてください。(・・・って、無課金ユーザーのくせに増長し過ぎ?)

んじゃ。

  1. 2016/10/28(金) 22:48:53|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近、かかとが痛くない?

ここ1~2年のことなんですけど、たくさん歩くとかかとが痛くなります。歩いている間は痛くありません。歩いた後、休んでいる間も痛くありません。でも、休んだ後で立ち上がったりするとき、かかとがズキズキとした痛みを発するんです。あなたはそんなことないスか?

例えば休日、みなとみらいをふらついて、帰りの電車で座ったとします。20分くらいで自宅近くの駅に着き、降りようと車内で立ち上がると”ズキンズキン”とかかとが悲鳴を上げ始めます。それを我慢してしばらく歩くと痛みは引いていき、やがて無事に帰宅。家に着いたら椅子に座ってテレビを見はじめます。で、飲み物をとりにキッチンに行こうと椅子から立ち上がると、また”ズキンズキン”とかかとが悲鳴を上げるんです。

実はおかんも同じ症状を訴えてます。この腫れた膨張感を伴うズキズキした痛みっていったいなんなんスか? 40肩ならぬ50かかと?誰か真相を教えてください。

んじゃ。


  1. 2016/10/26(水) 23:20:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

葉物野菜の高騰

今、葉物野菜が高騰してます。つーか、ニンジンや玉ねぎなどの根菜だってべらぼうに高くなってます。その原因としてニュースでは今年は雨がひどかっただの日照時間が足りないだのとつべこべ言ってますけど、こんなの阿呆だからまるっきり気付いていないってだけで、この天才の洞察力をもってもとをただせば、オゾン層の破壊がこんなところにまで影響するようになってきているわけです。

あと10年たったら、20年過ぎたら、30年後、地球はいったいどうなっていることでしょう。孫世代の地球環境って目に見えて悲惨な状態になっていることが約束されているような・・・・子孫を残すことを後悔しなきゃならないような世の中が、現実として目の前まで来ている。そんな現象が具体的な形となっていろいろな所に少しずつ現出してきています。このままいくと、「なんで子供を作ったんだ!」なんて次世代から怒られちゃうような世の中になることだって覚悟しなきゃならないかもしれません。

とはいえ、そのために何をするでもなく、阿呆どもに地球が壊されるのを指をくわえて見ているしかないこのおいらも、所詮は阿呆ってことなんでしょう。この天才が阿呆だなんて、なんと世知辛い世の中なんでしょうか・・・・

とまあ、おいらったらスーパーに行って野菜が高いってだけでここまで考えてしまうほどの怒涛の天才なのでした。・・・つーか・・・・・もしかすると神経症かも。

んじゃ。

  1. 2016/10/25(火) 22:43:59|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本シリーズ

カープってなんかこう上手く言えないんですけど、あの「ちょっと鬱陶しい感じ」「何やら濁った感じ」「どうにも辟易とする感じ」が今一つ肌に合わないため(この感覚ってのは、「広島カープというチーム」じゃなくて「アメトーク広島カープ芸人という番組」に対して芽生えてしまった感覚のような気もする)、そういう臭いが全くしない日ハムの方をナニゲに応援していたんですけど、残念ながら2連敗しちゃいました。

とはいえ、こんなことはよくあることです。北海道に戻ったら、気分一新頑張ってください。(カープもね。)

んじゃ。


  1. 2016/10/24(月) 21:58:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手持ちか博士送りか

いきなり脱線めいた話から入るが、ポケGOを進めるにあたって課金は絶対にしない。そもそも、金払ってまでしてゲームを有利に進めようとする意味が分からない。したら終わりだろう。

更に、「全種類をリアルタイムに手持ちしている」状態を理想としている。明確な理由はないけどね。よって、初めてゲットしたポケモンはどんなに弱くても博士には送らず手持ちしておく。で、2匹目をゲットした時にこのポリシーに即した取捨選択が始まるのだ。以下、具体的に詳述する。

前にもちょっと書いたが、ジム戦で日々細々と稼いだコインは全てふかそうちにつぎ込んでいる。そのため、250匹という手持ちポケモンボックス枠を拡大するアップグレード権を買う目途が立ちそうもない。よって、いつでも乱獲に耐えられる状態(100匹程度の空席がある状態)に保てるよう、原則として手持ちするポケモンは同一種類につき1体としている。例えば、レアであるラプラスが2匹いるような場合でも、その2匹を比較検討の上、どちらかを必ず博士に送るのだ。

同種のポケモン2匹を比較検討するパラメータはもちろん先日述べた総合評価がメインとなるのだが、総合評価上位の方を常に残しているとは限らない。A評価とB評価のポケモンがいたとして、A評価の方を博士に送ってB評価の方を手元に残すことだってあり得る。この逆転的な現象は両ポケモンのCPの違いに由来するが、具体的には、2匹のポケモンのCPの差が150あれば評価一段階相当の差が生じているものとみなしている。

これはどういうことかというと、例えば、A評価CP1500のナッシーとB評価CP1700のナッシーがいれば、前者を博士に送って後者を手元に残すということだ。評価はAの方が一段高いが、CPは逆にBの方が200も高い。このCP200の差というのは評価一段階(=CP150)よりも大きい差と考え、AよりもBの方が価値が高い、即ちBを残すという判断になるのであ~る。

なぜ、今さらこのCPの差なんぞに着目するのかっちゅーと、この差を埋めるにはアメとともに一定量の星の砂が消費されるという現実があるからだ。例えばCP1500→1700にはだいたい4~8回の強化が必要であるが、そこで消費される星の砂は万単位に達する。星の砂ってのは全てのポケモンの強化に共通して必要となるアイテムでもあり、それだけ貴重で価値があると考えているわけだ。素質はあるが強化にリソースのかかる未熟者より、伸び代はないが今ソコソコの強者。将来性抜群の高校生より、今ソコソコ使えるロートル選手。そんな選択も現実にはあるってことよ。

あと、前回ちょっとだけ説明したが、強化はSランク(特にSSランク)のポケモンから優先的に行っていく。つーか、本当のことを言うと、今のところSSランクのポケモンしか強化していない。その理由は明快で、後日博士に送ることになるポケモンを強化するなど、星の砂の無駄遣いになっていやだからだ。

今のおいらのレベルは29で、ここに至るまでの3ヶ月の間に5,400匹のポケモンをゲットしてきた。が、その間、SSランクのポケモン(現6匹)が入れ替わったことは一度もない。つーか、ゲットしたポケモンがSSランクと認定されたことが今までに6回しかない。これ即ち、SSクラスのポケモンってのは900匹に1匹くらいしか登場しないっつーことだ。今後、同じ種類で複数のSSランクを経験することなどあるのだろうか。もしあったとしたら、そのときだけは例外的に2匹持ちをしようと思っている。それくらいレアなことだと思う。

これがSランクになると、記憶がイマイチ定かではないのだが確か4回ほど経験している。ただ、この4回がカイロスとラッタ、ピジョット(2回)だったという事実を鑑みれば、その確率も個体値の高い最終進化形ポケモンをゲットする頻度に左右されると言えるだろう。ってこれ、要するに、同じことがレアポケモンではまず起こらない事象であるということが推測できるということだ。よって、出現頻度のあまり高くないポケモンなら、Sランクでも強化に踏み切ることにやぶさかではない気分でいる。実際には、まだ実行に踏み切れてないんだけどね。

それがもう一つ下のAランクともなると、該当するポケモンの数がケタ違いになってくることもあって、入れ替わりが現実的に結構な頻度で起こるようになってくる。手持ちの例で言うと、イーブイの進化形であるシャワーズ、サンダース、ブースターなんかは全て何度か入れ替わっているし、他にも数多くのポケモンが実際に入れ替わりを経験している。こうなると、強化することにどうしたって二の足を踏んでしまう。

てことで、強化対象はSSランクポケモン。こちらを強化しつくしたら、レア系のSランクポケモンということになる。今後何らかの新たな基準を思いつきでもしない限り、この状態が続くだろう。

最後に、先日の総合評価の表を見ていただければお気づきだろうが、個体値が49点以下のポケモン、あるいは技の組み合わせが2ndクラス+3rdクラスか両方3rdクラスといった弱っちいポケモンは、それが判明した時点で博士送りとなる。また、CPがMAXの2/3よりも低いようなポケモン(分度器様のスケールでザックリと判断)も、強化に必要な星の砂がべらぼうな量になるので即刻博士送りだ。微妙なやつをウジウジと未練がましく持ったりすることはしない。迷ったら送る。いつもニコニコ即断即決即送りである。

というわけで、これをもって一連のレクチャーを終わりとしたい。数日にわたって面白くもなんともないエントリーが続いてしまったが、これってあんたのせいだからね。以後、ポケGO関連包括的屁理屈は封印しようと思う。我ながらつまんねえからな。

んじゃ。

(メレ)

  1. 2016/10/23(日) 21:58:05|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

進捗報告(その3)

始めてからちょうど3か月が経過しましたので、進捗を一月ごとに刻んで簡単にご報告申し上げます。

●XP 57万 → 125万 → 195万
月間60~70万のペースはキープしましたが、これ以上は無理でござんす。

●ウォーキング距離 180km → 375km → 630km
朝の新宿中央公園回り道と、休日のみなとみらい連続波状攻撃により、歩く距離は延びています。これに比してXPが伸びていないのは、しあわせタマゴがなくなっちゃったからッス。

●レベル 24 → 27 → 29
レベルアップに必要なXPが幾何級数的に増えておりますので、今後は全く期待できません。「げんきのかたまり」が手に入るレベル30(あと5万XP)になって一段落したら、モチベーションなくなっちゃうかも。

●ポケモンを捕まえた数 102 → 121 → 135
こちらも全然増えなくなりました。残ったのはフーディン、スリーパー、ゲンガー、ジュゴン、ポリゴン、ラッキー、ベロリンガと、この3ヶ月間に一度も出会ったことのないやつばかり。142種類のコンプリートはいったいいつになることやら・・・。

んじゃ。

  1. 2016/10/22(土) 21:58:47|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ランキング

最終進化形のポケモンは、DPSと個体値によってSS、S、A~Dにランク分けしている。おいらったら普段はこれを天才的な頭脳をもって直感的にこなしており、今更わざわざ文章に起こして説明するのは超面倒なんだが、せっかくのご要望なのでやってみようか。

●技
そのポケモンが身につけられる最高の技と実際持っている技のDPS百分比により、下記4クラスに分類する。
- Topクラス:身につけられる技の中でDPSが最も高い技
- 1stクラス:DPSがTopクラス技の90%以上である技
- 2ndクラス:DPSがTopクラス技の60~89%である技
- 3rdクラス:DPSがTopクラス技の60%を下回る技

2種類の技を別々に評価するため、例えば「このポケモンはTopクラスの技と2ndクラスの技を持っている」なんてことになる。

●個体値
各ポケモンの個体値の点数を10点刻みで評価する。
- K9: 100-90点
- K8: 89-80点
- K7: 79-70点
- K6: 69-60点
- K5: 59-50点
- K4: 49- 0点

●総合評価(SS、S、A、B、C、D、無印の7段階評価)
2種類の技の評価と個体値の評価とを組み合わせ、下記のような総合評価を下す。(このブログではスペース2つ→1つに勝手に減らされちゃうもんだから、見た目の表の縦横が合わなくなる。見にくかったらどこかに丸ごとコピペしてテキトーに補正してから理解せよ。)

技1 技2 K9 K8 K7 K6 K5 K4
Top Top SS S A B C -
Top 1st S A B C D -
1st 1st A A B C D -
Tor1 2nd B B C D - -
Tor1 3rd C C D - - -
2nd 2nd D D - - - -
2or3 3rd - - - - - -

例えば、Topクラスの技と2ndクラスの技を持っている個体値78点のポケモンの評価は「C」となる。

但し、もし評価対象がレアポケモンの場合は、評価を無条件に1ランク上げる。ここで言うレアポケモンとは、ラプラス、カイリュー、カビゴン、リザードン、カメックス、ポリゴン、プテラ、ラッキー、ベロリンガ、フーディン、ベトベトン、カイリキー、ゴローニャ、ゲンガー、オムスターの15種類とする。(これは後日変わる可能性がある。)

例えば、Topクラスの技と2ndクラスの技を持っている個体値78点のラプラスの評価は、「C」から1ランク上がって「B」となる。

とまあ、評価についてはこんな感じだ。ポケモンを手持ちするか博士に送るかの判断基準についてはまた今度。

んじゃ。

(メレ)

  1. 2016/10/21(金) 22:58:38|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

進化と強化

確かにこのテーマは奥深いかもな。前にもちょっと書いたけど、現在最善と思っている基準が今後変わる可能性もある。てことで、後で見返して大笑いできるかもしれないので、メール返信じゃなくてここに書き残す。

(もう一名のアホンダラへ。「あのねえ、いちいち嫌みったらしく妙な指摘などしてくれなくとも、ポケGOなんぞについて大まじめに語るクソジジイの存在の方がよほど大笑いできる対象であることなど百も承知の上で書いとるわい。放っておいてくれ!」)

今現在のおいらのポケモン育成プログラムは、「個体値の高いポケモンを対象に」「最終進化形まで進化させ」、「2種類の技がともに優れているやつを永久保存の対象として」「そいつを強化する」という順で行う。この大きな流れ自体は特に目新しいようなこともなく、極めてオーソドックスなやり方だと思う。以下、詳述する。

(1) 個体値による峻別
ポケモンをゲットしたら、まずジムリーダーの評価を見る。でもって、その評価が4段階の一番上位であるポケモンにお気に入りの★印を付け、進化の対象とする。この★印ポケモンには更に個体値測定アプリを使って100点満点での点数も確認しておく。(ちなみに、最上位ポケモンの点数は80点以上である。)

(2) 進化
ポケモンをゲットして獲得したアメは、★印の付いたポケモンの進化に使用することを第一優先とする。例えば、もし★印のピジョンを手持ちしていたら、アメが50個たまるまでポッポを進化させて経験値を稼ぐことを止めて、この★印ピジョンを進化させることを優先させる。

(3) 技の厳選
最終進化形まで進化させた★印ポケモンの技(2種類)をチェックする。技1、技2ともに最大3種類程度、ポケモンごとに身につけられる技が決まっているが、最終進化形★印ポケモンの技が2種類とも優れていたら、そのポケモンを強化の対象とする。その際の技の優劣であるが、DPSというパラメータで測定される。技1、技2のそれぞれにおいて、DPSが最上位にある技、および最上位の90%以上のDPSを持った技を「優れた技」と規定する。

(4) 強化
強化対象となるポケモンの中から、「レアポケモン」、並びに「個体値の点数が90点以上で技が2種類とも最上位のもの」をSランクに位置付け、これを優先的に強化する。ちなみに、Sランクではない強化対象ポケモンはAランクとする。

以上が現時点での進化・強化基準だ。最終進化形ポケモンのランク分けとその扱い、そしてもう一つのテーマであった「博士送りの基準」についてはまた今度、後日のエントリーで。

んじゃ。

(メレ)

  1. 2016/10/18(火) 22:15:10|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガソリーヌ山尾

近頃の政界って、どうにも許せんバカ女が多すぎませんか。

漫画的あだ名の付いたこの女、いったいいつになったら約束した説明をするんでしょうか?同じく説明責任を果たさずに逃げ切ったつもりになってるドリル汚渕だの、異常性犯罪者の情婦にすぎない頭激悪スチューピッド今井だの、ゲスい女議員ってのは自民党の専売特許かと思ってたけど、二重国籍熱湯風呂にこの地球5周分ガソリン代請求女と、民進党にもホント、ロクな女がいねえよな~。それも代表だの政調会長(当時)だのと役付きだったりする分、余計にたちが悪い。てめえのケツが拭けないという点で、女同士で与野党見事に競い合ってやがる。次世代を担う子供たちの健全な成長のためにも、こういうババアどもは、子供の前で心から軽蔑してみせるべき対象だと思うのですがどうでしょうか。

大体お前、クソまみれのコ汚ねえケツを丸出しにしたままの分際で、予算委員会などという大舞台でバカ丸出しのド下手な質問ばかりしてんじゃねえよ。安倍が何度「お前が言うな!」と心の中でツッコミを入れたか想像しちゃうと、まじめなはずの議論が喜劇にしか見えなくなるだろ!くせえんだよ、お前。気持ちわりぃんだよ、お前。テメーのケツにこびりついたそのきったねえクソくらい、ちゃんと拭いてから人前に出て来い、このウスラバカが!クソまみれゲス女の腐れ質問なんぞ、端(はな)から聞く耳持たんわ、ボケ!

とまあ、こういう強烈な腐敗臭漂うクズを許せなくていちいち罵倒してしまうのは、もしかしておいらが老いたからなのでしょうか。おいらが偏屈なクソジジイだからなんでしょうか。ま、たとえそうだとしても、人間の老い、ひいては老いた人間の考えや発言がそのまま「悪」であろうはずがないので、こういうクソ女への感情はこのまま引っ込めずにいようと思います。クソってのはどこからどう見てもクソなんだしさ。(って、何なの、この言い訳?)

んじゃ。

  1. 2016/10/14(金) 22:55:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相棒

相棒かい?おいらの相棒はピカチュウ(肩に乗るまで)に始まったが、それ以降は全て進化で図鑑登録ポケモンを増やすために使っている。具体的には、→ヒトカゲ(リザードンができるまで)→ピカチュウ(ライチュウができるまで)→ワンリキー(カイリキーができるまで)という変遷をたどっていて、今はイシツブテ(ゴローニャができるまで)だ。今後たとえ街中でイシツブテと出会わなかったとしても、このまま普通に通勤しているだけで、今週末には個体値Aクラスのゴローンがゴローニャへと進化する予定。

で、その後も、ユンゲラー(フーディンができるまで)→スリープ(スリーパーができるまで)→ゴース(ゲンガーができるまで)→パウワウ(ジュゴンが出来るまで)→オムナイト(オムスターができるまで)と続けていく予定だよん。芝公園(オムナイトの巣)等々、それぞれの巣への遠征もボチボチと無理のないレベルで行っていくつもりなので、相棒アメだけで進化させるほどの時間はかからないと思うけど、あんたが今やっているようなカイリューやカビゴン、ラプラスなどの強化のためのアメ稼ぎはこれらが全て片付いてからってことになるんで、果たしていつになることやら・・・・。

ちなみに懸案のカブトプスだが、今後ともおいらはカブトを相棒にはしない。なぜかっチューと、あの新宿中央公園がカブトの巣だからだ。朝の通勤時の寄り道だけでカブトプスができればすばらしいと思って昨日今日と回り道したのよね。でもって、公園内ではP-GOでアクティブになっているポケソースを順繰りに巡ってみたんですけど、なんということでしょう。2日間ともカブトを3匹ずつゲットできたではありませんか。(Before-After風)

たった10分という朝の限られた滞在時間に3匹ゲットというのは、我ながら相当運がいいように思う。おまけに2日目にとりあえず初日のコースをなぞってみたんだけど、同じ時間に同じ場所でカブトが出たんだよね。てことは、もしかすると今後も毎朝、同じタイミングで同じ場所に出るんちゃう?

というわけでこの新宿中央公園、ポケモンの巣がまたシャッフルされるまで毎朝地道に通うことにする。このままいけば金曜日にはカブトプスに進化させられるだけのアメが貯まるはずだが、今のところ個体値Aクラスのカブトを持っていないので、これがゲットできるまでは進化させずに新宿中央公園詣でを続けたい。ただまあ、「同じ時間、同じ場所に出現するポケモンは個体値が同じ」という説があるんで、もしそれが確認できちゃったらそこで打ち切るつもり。

あんたもカブト、欲しいんだよな?なら、朝8時20分ころ新宿中央公園に来なさい。10分間3匹ゲットルート、案内したるわ。フシギダネ2、カイロス2、トサキント1、ゴース1なんかもおまけで獲れるよ。といっても新宿なんで、あんたの場合、休まなきゃ無理だろうけどね。ウッシッシ。

あと近況だが、昨日レベル29になったよ。図鑑掲載131、ジョギング530km。この前めずらしく10kmタマゴを立て続けに2個ゲットしたのでワクワクしながら孵化装置に入れたんだが、孵してみれば両方ともカイロス。速攻で博士送りにした。神様ったら酷くね?

んじゃ。

(メレ)

  1. 2016/10/12(水) 21:55:56|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

先日、馬喰町の先で飲む機会がありまして、キンコンダッシュして行って来たんですけどね。そこからちょいと外れたところにあった隅田川沿いの浜町公園という中規模の公園がヒトカゲの巣になってるんスよ。で、宴も終わり「せっかくだからヒトカゲを取りに行こう」ってことになってジジイババア数名とともに立ち寄ったんですけど、夜9時過ぎだってのにサラリーマン、OL、学生たちが薄気味悪いくらいにウジャウジャいて、異様な雰囲気を醸し出しておりました。

中でもすごかったのは、何十人もの人による自然発生的な集団行動です。あっちにヒトカゲが出たら皆であっちへ、こっちにミニリュウが出たら皆でこっちへってな感じで、何十人もの人がスマホ睨んだまま右へ左へと移動してるんです。個人的には何のつながりもない種々雑多な赤の他人の集まりが、チームとして何一つ機能することもないくせにこれほどの整然とした集団行動をとる。これがまた相当異様な景色・・つーかなんちゅーか、ゾンビさながらのその様(さま)がね、とてつもなく薄気味悪かったッス。

といっても、もちろんおいらもすぐその集団に加わって、薄気味悪いクソジジイとして周りと見事に同化してたんですけどね。台風が来てるってんで雨が降り出しちゃったので早々に撤収しましたが、結局数十分の滞在で大量のポッポ、コラッタとともに、7匹のヒトカゲをゲット致しました。ただまあ、残念ながらことごとく個体値が低かったもんですから、全部速攻で博士に送っちゃいましたけどね。でもって、得られた28個のアメは全て手持ちのリザードンの強化に使った次第。

更に、この経験に調子づいちゃったおいらは、この3連休も「●●の巣」ってやつに行ってみようかってことで、お膝元であるFマリノス本拠地の巣巡りを計画中ざんす。

●横浜ピカチュウ&御三家の巣巡り2日間コース
反町公園(ピカチュウの巣)→[電車移動]→港の見える丘公園(ヒトカゲの巣)
伊勢佐木町大通公園(ゼニガメの巣)→みなとみらい日本丸メモリアルパーク(イシツブテの巣)→運河パーク(フシギダネの巣)→赤レンガ倉庫(ニャースの巣)

●横須賀マニアック巣巡り1日コース(帰りがけに上大岡でダメ押し)
ヴェルニー公園(カブトの巣、イーブイの巣)→三笠公園(ビリリダマの巣)

あと、Fマリノスのホームタウンばかりでなく、神奈川県民としてフロンターレやベルマーレの本拠地にも遠征してアウェー戦も辞さない覚悟ではあるのですが、やつらの支配地域ってロクな巣がないんスよ。興味があるっつったら等々力緑地(ロコンの巣)くらいですかね。・・・いや、やっぱ無理だな。おいらったら弱いとはいえキュウコン持ってるしね。横浜・横須賀を制覇したら次は東京遠征にしよっと。

んじゃ。

  1. 2016/10/07(金) 23:34:20|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人工透析

やっぱり我慢できないので書きます。

元フジテレビのフリーアナウンサー長谷川豊とかいう超絶的なウスラバカが、「人工透析患者は実費負担にさせよ。無理だと泣くなら殺せ」みたいなことをブログに書いて、結局レギュラー出演していた3番組を全て降板することになったようです。なんでも「透析現場の取材を進めて、透析患者の多くが医師の言うことも聞かずにやりたい放題の暴飲暴食を進めた結果、人工透析をしなきゃらなん羽目に陥っていることを知った」っていうのがその主張の根幹にあるらしいんですけど、こいつったらいったい透析の何を取材したんでしょうか?

おいらは大学時代、泊まり込みで透析現場の実習に行ったことがあります。予防医学の政策をベースとする講座だったので「発症要因」や「医療経済」などに焦点を当てた、何軒もの患者の家まで押しかけていくようなユニークな実習だったんですけど、確かにこのウスラバカが主張するような患者はいて、年食ってから透析導入したってことで一人一人がソコソコ目立ってはおりましたが、数的には全然マジョリティではありませんでした。

社会人になってからも透析には相当な期間関わってきましたし、現場にも何度も足を運びました。その経験から、科学的とは言いきれませんが「おそらくこの辺に真実がある」といった自然科学の仮説を立てるときのような感覚で言うと(←この説明で分かってちょ)、糖尿病性腎症の患者は確かに増えていますが、貧困が遠因でたんぱく質摂取が極端に少ない人(経済的要因により、脂質や糖質(炭水化物)の比率を高めざるを得ない人)とか、二型でも遺伝的な隠れ糖尿因子を持っているみたいな人(やせ型赤ら顔など体質にそれが出ちゃってる感じの人)が多くて、「医師の忠告を無視して暴飲暴食を続けた」ような自業自得と言い切れるような透析患者など数的には全然マジョリティではない。このウスラバカがバカすぎる取材で得たらしいこのバカすぎる知見などまるっきりのデタラメだってことが、普通の人なら現場に行ってちゃんとヒアリングすればすぐにわかるってなもんです。

それよりもね、透析という昔なら簡単に死に至っていた命をつなぎ止めるという、結果だけ見ると崇高とも言える医療処置をすることに対して透析患者が普段どれだけ苦しんでいるか、それが取材に行って現場を見たはずのこのウスラバカには何も響いていないってことの方が驚きです。この感受性のなさ。どの面下げてジャーナリストを気取ってきたのでしょうか。

透析療法ってのは、ダイアライザーを使用する血液透析にせよ、毎日何度も腹の中に大量の液体を出し入れしなければならない腹膜透析にせよ、短時間で大量の水分を身体から抜いたり腹膜がカッチカチになっていずれ使えなくなったりといった身体に対するあり得ないレベルの直接的な負担から、透析に拘束される時間や食事制限等々が死に至るまで絶え間なく続くという日常生活にかかるとてつもない負担まで、人生そのものにかかる負担が我々健常人の常識では計り知れないほどとんでもなく大きいんですよ。それが余りに気の毒で、何とかしてこの透析療法ってやつをもっと負担の小さなものにできないか。この領域の研究はどこまで進んでいるんだろうか・・・とまあ、普通の人ならそっちに思考が進むと思うんですけどね。

そういう人たちに対してあのクソ野郎が吐きやがったあんな暴言など、人の心を持っているならとてもじゃないけど口にできるものではありません。つーか、たとえ医療経済を念頭に取材に行ったとしても、ケダモノでもない限りそんなこと思いつきもしないでしょう。

取材と称して何をしに行ったんだかは知りませんが、そういうことがこのウスラバカの目には何も見えてこなかったってことでしょ?その代わりにあんなこと考えてしまうなど、透析の現実が全然心に響いていない証拠です。おまけにこれ、頭が悪いからなんでしょうけど、マイノリティとマジョリティとを取り違えた「自業自得」などというピント外れな前提に基づいた暴言ときている。使い物にならないバカである上に心根も腐り切っている。ホント、これほどの珍獣的クソ野郎も滅多にお目にかかれないレベルの珍しさかと存じます。

本当はこういう悪行も法で裁けるといいんですけどね。それができないんなら国民の道徳観・倫理観で裁くしかありません。ある意味、法で裁ける重大犯罪よりも悪逆非道と言えてしまいそうなこういう社会の汚物的外道発言。こういうこと仕出かしちゃう糞尿野郎は、もうこれ、遠慮なく申し上げますが、直ちに社会的に抹殺されてしかるべきかと存じます。番組降板など当然すぎるほど当然です。

「もう二度と人前に出てくるんじゃねえ!消えろ!」

んじゃ。

  1. 2016/10/06(木) 22:26:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シャッフル

なんだか最近、ポケGOの話題ばかりになっちゃってアホ丸出しで恐縮なんですが、27日の朝、ポケモンの出現ポイントがシャッフルされたようです。これ、「●●の巣」ってやつが変わっちゃったってことッス。

我が家ではP-GOというアプリを使った緊急調査を実施し、横浜駅と東神奈川駅の間にある反町公園がピカチュウの巣になったことを突き止めました。(調べた時、同時に3匹も出現していた)というわけで、早速ですが週末余裕があったら行ってみようかと思ってます。いい歳こいてポケモンのために外出するってのも片腹痛い感があるのですが、ピカチュウだから許してねっと。

・・・って、本当に言いたかったのはそっちじゃないッス。

このシャッフルにより、我が家の周りに比較的レアなポケモンが結構な頻度で出るようになりました。これまでは出てもポッポ、コラッタ、ズバットがたまに出てくるくらいで、レアなポケモンなどほとんど何にも出やしなかったのですが、それが突然変わったッスよ。

切り替わった当日27日の夜、夕食を済ませてくつろぎながら、帰宅途上でゲットしたポケモンの個体値を測ったり博士に送ったりしていた際、隠れているポケモンの欄(3匹分)にフシギダネとワンリキーがいることに気づきました。あわててP-GOを立ち上げたところ、我が家から徒歩1~3分圏内にこいつらが出待ちしてることが判明しました。その時のおいらったら汗まみれでクソジジイ丸出しのほとんど素っ裸に近いトランクス一丁状態だったんですけど、あわてて二階へ駆け上がってTシャツとハーフパンツを着用。ドタドタと階段を駆け降りたかと思うと、即時に家を飛び出しました。で、続けざまに大量のモンスターボールを投げまくり、なんとかこいつらを手に入れた次第。

とまあ、そんなことを1時間くらいの間に4回やって、結局御三家のフシギダネ3匹、ゼニガメ1、ヒトカゲ1、そしてワンリキー1、ストライク1なんてところをゲットしました。もちろん、ポッポ、コラッタ、ズバット、マダツボミ、ビートル、キャタピー・・・・いつものやつらも併せてゲットしたことは言うまでもありません。残暑の再来により蒸し暑い夜だったので汗が噴き出た1時間でしたが、そんな不快感などどこ吹く風。我が家の周りが突然ポケ刈り場となった喜びに打ち震えながら、明日から定時ダッシュで真一文字に帰宅することを決意致しました。って、定時真一文字帰宅などいつもやってることなんだけどね。

御三家はCP低くても逃げることが多いってこともあって、結局その夜はボールやズリのみといったアイテムを130個くらい消費しました。でもその翌朝、通勤片道だけで全て補充することができたッスよ。家を出る前はどれだけ補充できるか不安だったんですけど、徒歩、電車内を問わずに精力的にポケストをクルクル回し続け、渋谷駅を通過したくらいで補充は完了。その後も20内外のポケストをクルクル致しましたので、通勤片道だけで150~160個くらいの補充は可能ってことも余裕で確認されました。これで毎晩、心置きなくポケモン刈りに集中できるってもんです。

でもこれ、日本全体でポケモン出現確率が跳ね上がったってことなんですかね?あんたの家はどう?会社の周りでも確率が上がってる感じがするんでそう考える次第。これまでは今以上のレベルアップがほとんど望めず行き詰まり感が半端なかったんですが、この不満がほんの少しだけ解消されました。ま、だからと言ってあんま長続きする気もしないんですけどね。ピカチュウ&御三家を最終進化形まで進化させる(ライチュウ、フシギバナ、カメックス、リザードン)ってことが現実のものとして見えてきましたので、とりあえずそこまでは続けようと思いました。カメックスだけはちょいと難しそうだけど・・・・

ちなみに今日は御三家が一匹ずつ、ワンリキー1、ガーディ1、サイホーン1、あとはニドラン♀3といつもの奴らって感じ。これでピカチュウも出てくれりゃあ言うことないんだけどねえ・・・・・なんて調子に乗って贅沢なこと言ってると幸せが逃げてくから止めておきましょう。ま、とりあえず大満足ッス。

んじゃ。

  1. 2016/09/28(水) 22:45:58|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィリピンドククラゲ

先週末のポケGOのアップデートで手持ちのポケモンを捕まえた場所が分かるようになりました。そこで、手元にあるポケモンを片っ端から調べてみたところ、ドククラゲがフィリピン産だということが分かりました。

フィリピンではカントリーサイドに行ったこともあってポケモンなどろくすっぽ出なかったんですが、仕事以外の時間はポケGOをつけっ放しにすることで移動距離を稼ぎ、タマゴを2つほど孵しました。で、その日のうちにホテルにあったポケストップでタマゴが補充されたわけなんですけど、帰国後にその中の一つが孵りメノクラゲが誕生、そいつを進化させてドククラゲになったってわけです。

タマゴを入手したのはフィリピンで、孵った場所が日本です。で、こいつの国籍はフィリピン、誕生日は日本帰国後のタマゴが孵化した日ってことになっておりますので、なんだかちょいとでたらめな感じがしないでもないのですが、そんなことはともかく、ポケモンだろうがタマゴだろうが、入手した場所がNationaltyとなるってことですね。今流行りの二重国籍じゃないところが残念ではありますが、物珍しさからちょっとだけ気分がいい。てことで、このドククラゲは技的には今一つなんですけど、個体値的には96点という最高水準にあったりしますので、永久保存しようと決意した次第です。アメと星の砂が続く限り、強化し続けよっと。

あ~あと、もう一つフィリピンで入手したタマゴがあるはずなんですが、手持ちの卵の中でどれがそのタマゴなのかは分かりませんし、もしかするともう既に孵化して博士に送っちゃったのかもしれません。また、手元には5kmのタマゴしかないのでレアポケモンが出る確率は極めて低いということもあり、過度な期待をかけても虚しいだけなので、そっちの期待は特にせずにタマゴを孵し続けることにします。

んじゃ。

  1. 2016/09/27(火) 22:44:04|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

半数以下

欠陥おばさんが代表になって初の両院議員総会の出席者が国会議員総数の半数以下だったとか・・・・。

なにそれ。始まる前にもう終わってんじゃん。この政党のやることって何から何まで理解不能で、あきれ返る以前に薄ら寒くすらなってくる。代表を選挙で選んでおいて、不平不満により半数以上が欠席する。この体たらく。組織の体をなしていない。これほど組織運営の基本ができていないような奴らに、日本国という大きな組織を任せることなどできるはずねえじゃんかよ。そんな簡単なことも分からないバカばっかってことでしょ。前から何度も言ってるけど、おいら、バカって嫌いなんだよね。残念だが、どうにもならんってことがよく分かったよ。こんなクソ政党、消えて無くなりやがれ!不快指数100越えじゃ!

んじゃ。

  1. 2016/09/24(土) 00:36:45|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

進捗報告(その2)

ポケモンGO開始から2ヶ月経ちましたので、この1ヶ月間の進捗に焦点を当ててご報告申し上げます。(ちなみに、4日間にわたるフィリピン滞在時の収穫はほぼゼロでした。)

●経験値 57万 → 125万
2ヶ月目の1ヶ月間は、開始当初の1ヶ月間に稼いだ57万EXより少し増えて、68万EXほどの経験値を稼ぎました。しあわせタマゴの在庫が尽きてこれ以上の稼ぎは期待できないので、今後も飽きずに続けるとすれば、1ヵ月間に60万EX内外の経験値が安定的に得られるものと思われます。

●ウォーキング距離 180km → 375km
歩く距離も僅かですが増えてます。おいらにとってのポケGOは通勤の往復でするのが基本なので、今後も安定的に180~200km/月くらい歩くことになるでしょう。

●レベル24 → 27
経験値も歩く距離も増えましたが、レベルアップの頻度は最初の1ヵ月の23回からたったの3回へと激減しています。このようにレベルアップに必要な経験値は加速度的に増えて行きますので、今後は月に1~2回くらいの超スローペースでレベルアップをしていくことになろうかと存じます。

●ポケモンを捕まえた数、見つけた数 102 → 121
新しいポケモンとの遭遇率も激減しています。今後この傾向が更に加速していくことは間違いありません。

●相棒ポケモン
ピカチュウで10km歩いて肩に乗るようにした後、ヒトカゲにチェンジしました。手持ちのリザードをリザードンにするためなんですが、アメ90個を追加で得る必要があるので、270kmも歩かなければなりません。これ、要するに1ヶ月半くらいかかるってことですね。気が遠くなりそうな話ッス。

てことで、通り一遍の内容になってしまいましたが、閉塞感がムンムンしつつあるポケGO進捗月次報告を終わります。

んじゃ。

  1. 2016/09/22(木) 23:02:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蓮舫

この人、近頃二重国籍だのなんだのと騒がれておりますが、おいら的にはそんなことよりも、政治家だっつーのにちゃんと姓名を名乗らず名前だけで通しているところが、日本の国会議員には絶対備わっているべきであるはずの日本人としてのアイデンティティが決定的に欠落しちゃっている何よりの証拠であるように思われ、それで日本の政治家になろうと発想すること自体が胡散臭くてたまりません。イチローみたいに野球選手とかなら全然いいんですけど、日本国の国会議員ともなるとやはり「真っ当な日本人として正々堂々、ちゃんと姓名を名乗れよ」と強く強く思います。

やはりこの女は日本の常識などには従う気がない(=台湾的アイデンティティを前面に押し出そうとしている??)か、あるいは、例えば同じ東アジアなどの国々と比べてみてもこれだけの民度を確立・向上させている日本人というものを本質的に理解できていない、即ち、本質を気にして居住まいを正すという日本的な機微を理解できていない、そんなことまで気にしなくていい、ひいては微に入り細に入り考えて行動してきた日本を尊重などしない、日本を理解し切れていない上にその必要もない、それほど愛してもいないのだから。・・・とまあ、そんなところではないかと思ってしまうわけです。(説明を相当端折ってるけど、なんとか理解してちょ。)

もちろんこんなの、日本在住の一般人としてならこれで何の問題もありません。が、しか~し、こと日本の政治家としてはそうはいきません。日本という国家の舵取りである国会議員としては極めて不適切な人物。こいつの日ごろの言動なども全て鑑みた上で、個人的にはそう断定させていただいています。

勘違いしてほしくないのですが、出自が台湾だって別に全然構わないんですよ。いや、それどころか、中国だって韓国だって北朝鮮だって米国だって英国だってロシアだってベラルーシだってブラジルだってアルゼンチンだってエジプトだってケニアだって南アフリカ共和国だって・・・・出自はどうあれ、今現在、日本を愛し日本人の機微を理解できる日本人であるなら、国会議員として日本を動かしていただいて何の問題もない。でもこいつはそうじゃないんじゃない?だって、政治家として自分を名乗るような基本中の基本的な部分でもうボロが出ちゃってるもん。・・・そう考えているっつーことです。

この主張はさっき思いついたようなことではなく、こいつが国会議員になった時から(つーか、初めて立候補した時から)おいらは言い続けてきました。もちろん、家庭内の雑談や飲み会での他愛もない会話の中で、ですけどね。ただ、おいらの中で煮え切らないままグツグツと醗酵し続けているこの女に対して感じる胡散臭さたるや相当年季の入ったものですから、ちょっとやそっとでは覆らないと思われます。

というわけで、結果的においらはまたまた民進党なる政党にシンパシーを感じるチャンスを失ってしまっております。「野党第一党」ってのはおいら的には応援したくてたまらない存在であるはずなんですけど、昔このブログの中でも述べたことがあるように、あんな眼前の簡単な算数だけで物事を判断してしまうような、人を追い詰めるような話し方しかできない、信じられないほど底の浅い、顔面にヒステリック気質の噴き出た、日本人の機微をまるで理解できていない、法的にだけ日本人を気取る、胡散臭さ大爆発の熱湯風呂おばさんなどを代表に選んでいるようでは、このクソ政党ったら相変わらずお先真っ暗なオメデタイ集団だと判断せざるを得ません。

それにしても、なんでこんな女を選ぶかな~。攻撃は得意だが守備はカラキシできないようなこの手のクソ生意気な女が組織のトップに立ったところで、その組織がうまくいくはずがねえことなど歴史が証明してるだろうによ~。もうホント、残念でならんわ。やっぱこの政党、バカばっかなのよね。この女の正体、「安倍晋三が送り込んだ工作員」に一票!

んじゃ。

  1. 2016/09/21(水) 22:36:19|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

技の見極め

技の優劣についてはDPSというパラメータで測る。このDPSを使ってどの技がどれくらい優れているかは、ググればデータを整理してくれているサイトがいくつもあるから、その情報をもって判断する。でもって、身につけ得る最も優れた技1と技2を持っているポケモンのみを強化の対象とする。即ち、前回の説明も併せて最終的な強化のクライテリアを改めて示すと、次のようになる。

●個体値はAランク(91点以上)で、
●技は2種類とも最上位のものを身につけている
●最終進化形のポケモン

これが強化の対象だ。

これだけ厳しい条件に該当するポケモンはぶっちゃけ大変少なく、例えばおいらの手持ちのポケモンで言うとカイリュウ、スピアー、ルージュラくらいしかいない。皆が強化に励む傾向にある強力なポケモンの中ではカイリュウがこれだったのは幸運であったが、その他の、例えばカビゴンとかシャワーズ、ギャラドス、ナッシーなんかは技が足りなくて強化対象になっていない。これらについては、よりよい技を習得しているやつに入れ替わることを期待するのみだ。なんとも気の長い話である。

んじゃ、フィリピン行ってくるわ。

(メレ)

  1. 2016/09/12(月) 22:40:33|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フィリピン出張

いよいよ来週、あの威勢のいい大統領が麻薬関係者をぶち殺しまくっているフィリピンへと行かざるを得ない状況と相成りました。そればかりか、ここんとこテロがあったりジカウィルスが見つかったりと、かの国におけるろくでもないニュースが世を賑わせておりましたが、おいらの会社内では「フィリピン行くなら気をつけてね」という全社員向けのクソみたいな緊急連絡が配信されただけで、渡航禁止令が出るまでには至りませんでした。

「突然爆発したりするものを、どうやったら気をつけられるんだよ!バカか、お前は!」
「フランスのテロでは即渡航禁止令を出したというのに、この違いは何だよ?」
「まさか、アジアを差別してるんじゃねえだろうな、おい!」

おいらが心の中で総務を罵ったのは言うまでもありません。言いがかりとは承知しつつ、愚痴らずにはいられないッスよ。あ~、行きたくねえ!

んじゃ。

  1. 2016/09/11(日) 22:36:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

方針転換

現在までの進捗と今後の見通し、ですね。最近の大きい変化としては、CPによるポケモンマネジメントを止めたってところでしょうか。

半月以上前から個体値を測ってます。でもって、CPではなく個体値をもって進化個体の選択等のコントロールを行っています。個体値っつーのは簡単に言うとそのポケモンの”素質”を表わすパラメータで、たとえ現時点でのCPは低くとも、個体値さえ高ければ強化することで最終的には個体値の低いやつより強くなるってことッス。

おいらが使っている個体値測定アプリだと、個体値を測定するのはもちろんのこと、ポケモンを100点満点で点数化し、その点数をベースにA,B,C,D,Eの5ランクに分けて評価してくれます。この点数とランキングを利用して手持ちのポケモンをずっと保存すべきか、それとも博士に送ってしまうかの判断を下しています。

●Aランク(100点満点で91点以上)のポケモンを保存の対象とし、ゲット次第、お気に入りに登録する。
●B~Eランクのポケモンはすぐに博士に送るか、もしくは経験値稼ぎのために進化させた後で博士に送る。

また、よく「強化が先か進化が先か」などという命題がネット上を騒がせておりますが、おいらはっつーと既にこの命題には見切りをつけ、下記のようなポケモンマネジメントを黙々と実行中です。

●進化前に強化はしない。いかなるポケモンも最終形まで進化させてから強化する。
●強化の対象となるポケモンは、Aランク、かつより強力な技を修得した最終形のポケモンに限定する。

この原則を打ち立てた理由についてはめんどくさいので省略します。

さて、改めましておいらの進捗ですが、今レベル26です。経験値稼ぎのドライビングフォースであるしあわせタマゴは、既に使い切っちゃってます。レベルアップによって次にこいつを補充できるのはこれから100万もの経験値が必要なレベル30なので・・・・・今まで50日近くかけてようやく100万の経験値、即ち今ちょうどレベル30への道半ばにいるってことになります。レベル1からレベル26まで上がるのとレベル26からレベル30に上がる手間は同じだってことッス。これからはしあわせタマゴなしで100万もの経験値を稼がなければなりませんので、実際にレベル30になれるのはぶっちゃけ2カ月くらい先になるかと存じます。

ショップで売っているグッズ購入について、今ポケコインが手元に200あります。おいらのようにポケGOをプレーするフィールドが通勤経路に限定されるサラリーマンにとっては、どうイキがってみたところで実質的に1日10コインしか稼げませんので、爆買いなどは言うに及ばず、買えるものや買う頻度などわざわざ考慮するようなレベルにはないんですけどね。それでも、なけなしのコインを使って買うものは「ふかそうち」だと決めています。

ちょいと前まではしあわせタマゴを買うのがお利口だと思ってました。「しあわせタマゴの価格は1個なら80コイン、8個で500コイン(1個当たり62.5コイン)、25個なら1,250コイン(1個当たり50コイン)だから、今すぐでも2個は買えるんだけど、あと1カ月ちょっと我慢して8個買うというのが賢い選択」みたいな感じでね。でもね、レベルアップ自体に疑義を持ってから考え方が変わりました。

何のためのレベルアップなのか?既にハイパーボールも満タンのくすりもポケストップから入手できるレベルになった今、これ以上レベルを上げたってしょうがなくね?レベル30になると完全回復が売りの”元気のかたまり”が手に入るようになるけど、元気のかけらも傷薬も余って捨てちゃってる昨今、これ持っててもほとんど意味ねーし。

てことで、ようやく「貴重なコインを使ってしあわせタマゴなんぞ買ってもしょうがねえ」という結論へとたどり着きました。己のレベルなんぞよりも優先すべきはポケモンの入手、それもレベルの高いポケモンの入手機会を増やすことです。となると、買うべきはやはり「ふかそうち」。そうなるでしょう。

半月かけて150コイン稼ぎ、たった3回のタマゴ孵化の権利を得る。一見するとそのパフォーマンスの悪さに愕然とさせられるところですが、レアポケモンゲットの観点からよく考えてみればこれが最もパフォーマンスに優れた選択肢だということに気付きます。なんたって他の選択肢は実質的に無意味だから・・・・おこうやモジュールなどはズバットやポッポの登場機会が増えて煩わしくなるだけですし、ポケモンや持ち物の上限数が問題となったことなどありませんから、これらをわざわざ増やす必要性も全然感じませんので。

というわけで、苦し紛れの屁理屈を延々と述べて参りましたが、もしあんたに人並みの理解力があるなら、この裏にあるおいらの「行き詰まり感」「うんざり感」がご理解いただけるかと存じます。新展開が期待できない中、なんかこうモチベーションが保てなくなりつつあるような・・・・・ポケモンGO、秋までもつかな?

あんたもちゃんと報告しなさいよ。

んじゃ。

(メレ)

  1. 2016/09/09(金) 23:08:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

ゆたこた

Author:ゆたこた
サッカーと写真と車等々について書き散らかします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる